brahmsop123.air-nifty.com > 独逸日記

ドイツ鉄道博物館のおみやげ

ドイツ鉄道博物館のおみやげ

2010年ドイツ鉄道175周年の記念グッズ。大きなビニール製だがおよそ1500円という値段で即買い。「DB」のロゴがまぶしい。


テディベア集合

テディベア集合

大きいのが次女、ブルーのTシャツはルフトハンザ機内限定品。他に長女のもある。


母にお土産

母にお土産

迷った末にこれ。今回のお土産ではもっとも値段が張ったものだが、国内で買うと思えばノープロブレム。


ドナウ川のさざなみ

ドナウ川のさざなみ

レーゲンスブルクの名高いソーセージ屋台の前。


レーゲンスブルク大聖堂

レーゲンスブルク大聖堂

ひとまずこれも世界遺産。


カイザーブルク城

カイザーブルク城

ニュルンベルクのシンボル。


皇帝日和

皇帝日和

カイザーブルク城の塔。建物も素晴らしいが天気が「Kaiserwetter」(皇帝日和)だ。


ニュルンベルク市街一望

ニュルンベルク市街一望

カイザーブルク城からの絶景。


ナチ党大会会場跡

ナチ党大会会場跡

ローマのコロセウムをモデルにヒトラーが建設したが未完成。


リヒャルトワーグナー広場

リヒャルトワーグナー広場

オペラ座の前の広場のこと。


ビスマルクのサロンカー

ビスマルクのサロンカー

鉄血宰相が乗った客車。


サロンカーの説明

サロンカーの説明

ビスマルクが乗ったと書いてあるはず。


新旧の主役

新旧の主役

現代の超特急ICEと並んで、一号機関車アドラー号が展示されている。


アドラー号

アドラー号

1835年12月7日ドイツ初の鉄道開通。このときの機関車のレプリカ。


ラオホビール

ラオホビール

バンベルク名物。麦芽を煙でいぶしてから醸造する。燻臭が心地よい。癖があると脅かされていたが、美味であった。


新宮殿

新宮殿

バンベルク新旧殿に掲げられたドイツ国旗。


長男と聖ミヒャエル教会

長男と聖ミヒャエル教会

あまりの絶景と好天。長男の成人祝いに!!


バンベルク市街の眺め

バンベルク市街の眺め

新宮殿バラ園前からのぞむバンベルク市街。街ごと全部世界遺産。


聖ミヒャエル教会の威容

聖ミヒャエル教会の威容

いやはや絶景。


バンベルク旧宮殿

バンベルク旧宮殿

映画のロケに使われるとか。


バンベルクの犬

バンベルクの犬

猫はちっともみかけないのに、魅力的な犬はあちこちにいる。


バンベルク大聖堂

バンベルク大聖堂

イースターが近いので大司教の行列も目撃した。


市庁舎の壁

市庁舎の壁

壁画と川のコントラスト。


息を呑むディスプレイ

息を呑むディスプレイ

思わず立ち止まって写真が撮りたくなる。


バンベルク市庁舎

バンベルク市庁舎

見るもの全て被写体なのだが、特に美しい。市庁舎と言っても日本で言う市議会に近い。住民票の交付などが行われているわけではない。


鉄道博物館の威容

鉄道博物館の威容

人のいない早朝に撮影。


鉄道博物館の看板

鉄道博物館の看板

いちいち何かとセンスがいい。


ワーグナーのレリーフ

ワーグナーのレリーフ

オペラ座と相対する位置にある。


オペラ座

オペラ座

朝日を浴びているところ。


早朝のケーニヒ門

早朝のケーニヒ門

午前6時頃撮影。早起きは1ユーロの得。


夜明けのニュルンベルク駅

夜明けのニュルンベルク駅

ようやく白み始めた空。大きな駅なのだがまだ人影はまばら。


コーナーキック

コーナーキック

ニュルンベルクvsバイエルンミュンヘン。後半ロッベンがコーナーキックを蹴りにやってきた。


ローテンブルクの井戸

ローテンブルクの井戸

城壁の内側には篭城にそなえて沢山の井戸がある。


マイスタートルンク

マイスタートルンク

一気飲みで街を救った市長の物語。11時の時報とともに。


本物の犬

本物の犬

シュタイフのショウルウインドウにいたら、買ってしまいそう。


ブルク門

ブルク門

ローテンブルクの西門を外側から眺める。


谷あいの集落

谷あいの集落

ローテンブルのふもとを流れるタウパー川沿いの集落。


思わずパチリ

思わずパチリ

ローテンブルク城外、タウパー川沿いの集落があまりに美しいので一枚。


シュピタール門

シュピタール門

ローテンブルクの南門にあたる。これを抜けて城外にでる。


プレーンライン

プレーンライン

どんなガイドブックにも必ず載っている名所。


かわい過ぎるショウウインドウ

かわい過ぎるショウウインドウ

シュタイフのお店のディスプレイ。そりゃあ買いたくなる。


ホテルプリンツェン

ホテルプリンツェン

我々が泊まったホテル。外見に似合わず中はピカピカ。


ドイツの角

ドイツの角

画面右中央奥からモーゼル川、左からライン川。両大河の合流点はドイチェスエッケと呼ばれている。ウィルヘルム1世の銅像がある。ライン対岸を行くバスから急遽撮影。


中庭

中庭

シューマンハウスの中庭。ブラームスやシューマン夫妻が踏んだに決まっている。


レリーフ

レリーフ

シューマンハウスにすえられた夫妻のレリーフ。


ケルン中央駅の威容

ケルン中央駅の威容

有名なオーデコロンメーカー「4711」の広告なのだが、私にとっては大聖堂よりありがたい。


ICEとベートーヴェン

ICEとベートーヴェン

ケルン中央駅のホームに止まるICEの前にベートーヴェンの看板。


ケルン大聖堂

ケルン大聖堂

ライン川越に世界遺産をパチリ。


タウヌスの夕日

タウヌスの夕日

フランクフルトからアウトバーンを北上中のバスの中から。


いよいよドイツ

いよいよドイツ

エアバスA380の機内ディスプレイ。飛行機の現在位置はデンマーク上空。まもなくドイツにはいる。ハンブルクの名前が初めて表示された。


いきなり遅延

いきなり遅延

ルフトハンザ711便は3時間半以上の出発遅れ。