ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

カテゴリー「153 カプリチオ」の10件の記事

2008年5月16日 (金)

異端のインテルメッツォ

作品118-1のイ短調のインテルメッツォのこと。あるいは作品10-3も加えることが出来るかもしれない。

ブラームスは生涯で21曲のインテルメッツォを作曲している。これには、作品10-3やピアノソナタ第3番の第4楽章、さらにはピアノ四重奏曲第1番の第2楽章も含まれている。

この21曲のインテルメッツォのうち、問題の作品118-1は16番目に相当する。元々劇音楽の幕間に演奏される作品の意味だったインテルメッツォを独立した作品に昇格させ、独自のニュアンスを付与してきたブラームスだが、16番目に至って、自らが営々と築いてきたイメージを取り崩しているようにも見える。

  1. ゆったりとしたテンポ
  2. marcato不存在
  3. 弱めのダイナミクス

「f」で開始されるインテルメッツォは他に1例があるばかりだし、冒頭指定に「appassionato」を持つインテルメッツォはこれだけだ。さらに「Allegro」というテンポも異端である。かろうじてmarcatoの不存在」だけは守られているが、全体の印象は「カプリチオ」そのものだ。

「ブラームスの辞書」本文では、作品117の3曲、そして作品118-2という世界遺産級の珠玉のインテルメッツォに挟まれているので、気分を変えてとでも思ったのかもしれないと、苦し紛れの解釈も試みられてはいるが、何の解決にもなっていない。

作品116の最後を飾る7番ニ短調のカプリチオを最後に、カプリチオがパッタリと姿を消している。作品116以前は、小品のタイトリング面において、「インテルメッツォ」と「カプリチオ」が数の上で均衡するような配慮がされていたと思われるが、作品117以降では、インテルメッツォが極端に優勢になる。インテルメッツォを3つ並べた作品117はいたし方ないにしても、従来の基準ならば「カプリチオ」のタイトルを奉られてもいい作品にさえ、「カプリチオ」のタイトルが巧妙に回避されている。たとえば作品118-1、118-3、119-3である。

本件作品118-1は、その最初の兆候と捉えるべきであろう。

2008年3月 6日 (木)

みんなどうしているのだろう

一昨年8月26日の記事「松葉のマーク」に関係がある。作品116-1のカプリチオに松葉のマーク「<>」の特異な用例がある点に言及した。同じ作品116の中の4番のインテルメッツォにも奇妙な用例がある。44小節目、46小節目64小節目、65小節目だ。各々の小節の3拍目の4分音符の下に話題の松葉のマーク「<>」が付与されている。4分音符1個に付いてる。「<>」を「クレッシェンドしてただちにディミヌエンドする」と解する立場からは具合が悪い。4分音符1個ではディミヌエンドはともかくクレッシェンドがどうにもなるまい。ピアノという楽器の特性から一旦発せられた音は減衰するしかないのだから、発音後のクレッシェンドは決定的に困るのだ。左手側をアルペジオ気味に弾くようになっているので、それで何とかクレッシェンドの雰囲気だけを確保出来る可能性は残るが、難儀なことだ。

我が家の楽譜はヘンレ社発行のものだ。素人の私が考え付くようなことはとっくにわかっていて書いているに違いない。インテルメッツォホ長調作品116-4は演奏不能というそしりを受けていないから、みんなこれを何とかしているのだろうと思う。

一昨年8月26日の記事「松葉のマーク」でも述べたように「<>」は、単に物理的な押し引きを求めているのではなく、特定のニュアンスの付与を意図していると考えたほうが何かと辻褄が合う。

そういえばというような話がある。音楽之友社刊行の「ブラ-ムス回想録集」第1巻、クララ・シュ-マンの弟子の一人であるファニ-・デイビスの回想だ。ピアノ三重奏曲第3番の論評の中で、問題の「<>」を指して、「暖かな感情を盛り込みたいときに付与される記号」と記述している。単なるダイナミクスの増減ではないことが伺われる。

2007年10月15日 (月)

露払い

横綱の従者2人のうち先導役を努める力士のこと。後ろに従うのは太刀持ちだ。

「露払い」という言葉を聞いて何故か思い出すのが、インテルメッツォop118-1だ。この曲調のどこがインテルメッツォなのか古来憶測を呼んでいる。以下に作品118の6曲を列挙する。

  1. インテルメッツォ イ短調 Allegro non assai,ma molto appassionato
  2. インテルメッツォ イ長調  Andante teneramente
  3. バラード ト短調 Allegro energico
  4. インテルメッツォ ヘ短調 Allegretto un poco agitato
  5. ロマンス ヘ長調 Andante
  6. インテルメッツォ 変ホ短調 Andante,largo e mesto

調性を順に並べるとイ短調→イ長調→ト短調→ヘ短調→ヘ長調→変ホ短調となっている。「A-G-F-Es」だ。クララのモチーフ「A-Gis-Fis-E」と似ている。10月13日の記事「仲直りの切り札」の中でこのことを指して「クララのモチーフの草書体」と称している。

このことは1番2番を一組、4番5番を一組と考えることを示唆する。つまり長短の同主調どうしをペアだと解釈するのだ。1番と4番は、2番と5番それぞれの「露払い」だというわけだ。作品118の6曲をこうして眺めると4曲となり、4つ全てが短調で立ち上がることになる。

「露払い」である1番と4番は短調でありながら、曲の末尾では長調に転じている。続く作品の冒頭の呼び水になっている。

特にイ短調と呼びならわされている1番は、調が曖昧だ。イ短調の主和音がかなり意図的に避けられている。その曖昧さを味わう音楽であることは間違いない。そしてその最後の和音はCに付与される臨時記号によってイ長調に転ずる。最高音に第3音のC♯を頂く終止和音は、続く2番イ長調Andante teneramente の冒頭を雄弁に予告してはいまいか。Andante teneramenteの2番冒頭と酷似した終止和音、この澄み切った和音を最後に鳴らすことが1番イ短調の目的という気さえしてしまう。荒れ狂った風雨の最後の一滴のようなキラリ感である。これに台風一過のAndante teneramente が必然として続くのだ。

作品118-2は、私にとって別格のインテルメッツォだ。だから1番イ短調のインテルメッツォにはこの2番のための「露払い」機能を想像してしまう。

して見ると3番ト短調は「太刀持ち」かもしれない。

2007年6月29日 (金)

長調のカプリチオ

ブラームスのピアノ小品の代表例としてインテルメッツォとともに紹介されることの多いのが、「Capriccio」(カプリチオ)である。静のインテルメッツォに対して、動のカプリチオというようなイメージである。好対照のイメージとは裏腹に数の上ではバランスが崩れている。18曲存在するインテルメッツォに対して、カプリチオは7曲しかないのだ。op116-7ニ短調のカプリチオを最後にプッツリと姿を消してしまうから、作品番号で言うと76と116の中にしか存在しない。

その作品76の8番目には、唯一の長調のカプリチオが存在する。一応ハ長調という触れ込みだが、全く油断が出来ない。なかなかハ長調のトニカが現れないのだ。トニカが現れないという意味では作品79-2のト短調のラプソディーに匹敵する。トニカを渇望する聴き手の心理を逆手に取った構成と言えなくも無い。それから拍子だって4分の6拍子ということにはなっているが、ちっとも落ち着かない。楽曲の冒頭のダイナミクスが「mp」というのは大変珍しいが、この曲見事に「mp」で始まっている。さらに曲中に「dolce」が出現するのもカプリチオとしては珍しい。

楽曲冒頭の「Grazioso ed un poco vivace」という指定は生涯唯一のものだ。作品119-3の同じハ長調のインテルメッツォに通ずるものがある。 

作品76のピアノ小品集は全8曲から成り立ち、それが4曲ずつ1巻2巻とに分かれているが、元々はカプリチオ4曲とインテルメッツォ4曲でそれぞれが一まとめにされていたらしい。つまり作品76は、カプリチオとインテルメッツォが仲良く4曲ずつというバランスの上に成立しているのだ。

カプリチオとしては異例な出来事に溢れるせいか、ブラームスも不安だったらしく、クララ・シューマンに削除すべきか相談している。もちろんクララの答えは「削除不要」だった。だから今もこの曲が私たちの目の前に存在している。ブラームスが少し弱気になってクララに相談したのだ。万が一クララが「削除すべき」という意見を伝えていたら、ブラームスのことだから跡形も無く処分してしまっていたかもしれない。

2006年8月26日 (土)

松葉のマーク

音楽記号の一つ。「<」と「>」があり、向きにより意味が違う。「<」は「crescendo」と同じ意味で「だんだん強く」と解される一方、逆の向き「>」は「decrescendo」の意味で「だんだん弱く」と対応する。強くしたり弱くしたりの急激度は「<」や「>」の長さで変化する。

「<」や「>」には様々な課題が見え隠れする。

  1. 「<」と「crescendo」の区別の基準が明確でない。「ブラームスの辞書」の収録基準はあくまでも「音楽用語」なので「<」はカウントさえしていない。「>」と「decrescendo」も同様である。
  2. とりわけ「>」は、作曲家の手稿では「アクセント」と紛らわしいことが多い。
  3. 「<」と「>」はしばしば近侍して使用される。特に「<>」は頻繁に用いられる。あたり一帯においてのダイナミクスの起伏を手軽に指し示す効果がある。「<」が「crescendo」に書き換え可能で、「>」が「decrescendo」または、「diminuendo」に書き換えが可能と推定される一方で「<>」は、言葉で置き換えた例に遭遇しない。「espressivo」あたりとの関連が疑われる。

「<>」には単に「crescendoただちにdiminuendo」にとどまらないニュアンスがこめられている可能性を考えたい。ブラームスの作品中にはかなり頻繁に現れる。あまりに頻繁なので軽く見られていないか心配である。

たとえば作品116のオープニングを飾るニ短調のカプリチオだ。8分の3拍子が「Presto energico」で立ち上がる。スラーや「sf」「アクセント」を駆使した複雑なフレージングが売りである。立ち上がりから7小節の間、小節の頭と強拍が一致しない。このズレを楽しむ音楽であることは間違いがないが、8小節目で初めて小節の頭に強拍が来る。このことが「<>」を設置することによってさりげなく仄めかされている。それも束の間、すぐにまた強拍がズレてしまい、次に小節頭に戻るのは16小節目だ。すると不思議、また「<>」が鎮座している。このカプリチオ全体で11箇所の「<>」は全てこうした用法になっている。全く油断が出来ない。

2006年8月 5日 (土)

最短のsostenuto

ブラームスはパート系において「sostenuto」を単独で85回使用している。記載されたその場所からただちにテンポを落とすと解される。大抵の場合は「a tempo」等の記号によってリセットされるまでの効力である。持続時間が「最短のsostenuto」はどこにあるのだろうか?

「恐らく」と断らねばならないが、それはカプリチオop76-1の8小節目に存在する。その長さは16分音符3個分だ。その3個のうちの2個目に「rf」が付与されて、次の小節の「ff」へ拙速に飛び込むなと手綱を握っている。しかもこの「sostenuto」は、テンポリセッターを伴っていない。「言わんでも判るでしょ」状態なのである。その通りだ。リセット場所は言わんでも判る。次小節の冒頭でキッチリとリセットされねばなるまい。

さて、同曲の再現部は52小節から始まる。冒頭提示部の8小節目に相当する59小節目にも「sostenuto」が存在する。こちらは「sostenuto」の立ち上がりが16分音符で1個か2個早い。だから持続時間は16分音符4個ないしは5個となり、最短の座を8小節目に譲っている。こちらもテンポリセッターは欠落している。最大の疑問は8小節目では「rf」だったところが「sf」にすりかえられている点だ。

7月14日の記事「最短のpoco f」では、これを「fp」の誤りとする見解を披露したが、ここは違う。説得力と含蓄に溢れた「sostenuto」だと思う。この「sostenuto」によるわずかな「タメ」が続く「ff」の効果を高めている。肝心なところに力を集中するためのバックスイングのような効果がある。

2006年4月16日 (日)

とっておきの「giocoso」

手許の音楽用語辞典には「陽気に」「楽しげに」と書かれている。

ブラームスはトップ系で7回この「giocoso」を使っている。「giocoso」単独での使用は一度も無く、すべて他の単語との併用だ。7例全てが長調になっているというブラームスならではの整合性がまぶしい。

さて「presto」1回「allegretto」1回「allegro」4回を「giocoso」と併用した後、生涯最後の用例が作品119-3に出現する。生涯最後の「インテルメッツォ」だ。前例にならって長調になっている。しかしである。「allegro」系や「presto」 などのいわゆる「速め系」との共存に終始してきた「giocoso」だが事ここに至って初めて「Grazioso e giocoso」という現れ方をする。「grazioso」は「優雅に」または「優美に」と解されるメジャーな用語だ。

ブラームス最後のインテルメッツォは、冒頭のダイナミクスも「molto p leggiero」という珍しいもの。「molto p」はブラームスにあっては「p」と「pp」の間の中二階の設定という使われ方をしてきた。つまり「molto p」にはいつも「p」と「pp」の両方が伴って出現してきたが、このインテルメッツォには「pp」が出現しない。

「grazioso」(優美に)の語感と「giocoso」(陽気に)はどうもしっくりなじまない。この2つの語を「e」が結んでいるということは、ブラームス本人は矛盾と感じていなかった証拠だ。何か異質と感じていいたら「e」ではなく「ma」を使ったに違いないのだ。日本語訳が「優美にそして陽気に」では収まりが悪いのだ。

「ブラームスの辞書」ではここで一つの提案を試みている。良い日本語がある。「優美にそして小粋に」がそれである。「giocoso」を本例に限り「小粋に」と捉えてみた。このインテルメッツォの曲想にピッタリだと思っている。

2006年3月 6日 (月)

オートマチックリタルダンド

ラプソディート短調op79-2の終末近く118小節目の後半に「(quasi ritardando)」と記されている。「ほとんどリタルダンドのように」とひとまずは解釈しておく。

116小節目から右手が四分音符を3つに割りながらDとEsを続けている。2分音符が6等分されているのだ。この表記があるところを境に、2分音符が4等分にかわっている。さらに120小節目では、3等分に変わり、121小節目で2等分になって122小節目に滑り込む。ブラームスに時々見られる仕組まれたリタルダンドだ。いわゆる「オートマチックリタルダンド」である。

問題の「(quasi ritardando)」の「quasi」の意味合いは簡単に説明できる。「リタルダンドに聴こえるように」である。「楽譜にオートマチックリタルダンドを仕組んであるからテンポを落とす必要は無い」の意味であるとさえ解しうる。最終小節123小節目のアウフタクト四分音符の「ff」が「in tempoのタイミングで鳴らされねばならぬ」という明快な意思表示だろう。118小節目の問題の「(quasi ritardando)」を受ける「a tempo」が存在しないのも、この場所が「in tempo」で貫かれることの証拠である。

この「(quasi ritardando)」のカッコは雄弁に「リタルダンド不要」を訴えている。「ritardando」の字面につられてゆめゆめテンポを緩めてはなるまい。

2006年1月21日 (土)

Capriccioの位置づけ

「Capriccio」は一般には「奇想曲」と訳されている。ブラームスのピアノ小品にこのタイトルを持ったものが見られる。「Intermezzo」(間奏曲)と対になる概念と捉えられているようだ。いわく「しっとり系のインテルメッツォ」に「お転婆系のカプリチオ」という塩梅である。「ブラームスの辞書」でもそうした位置づけを意識した記述をしている。「IntermezzoのMarcato不在」と「Capriccioのdolce不在」がその代表である。

しかしながら「Intermezzo」と「Capriccio」出現の頻度がバランスを欠いている。「Intermezzo」は作品5のピアノソナタ第三番第四楽章に初出現し、作品10-3にも現れている。作品25のピアノ四重奏曲第一番の第二楽章にも存在し初期においても独自の境地を見せている。初期には「Capriccio」は見当たらない。

中期になると作品76の8作は、「Capriccio」と「Intermezzo」が仲良く4作ずつに割れている。後期の一連の小品群のトップを飾るop116では7曲中3曲が「Capriccio」で、残る4曲が「Intermezzo」になっている。実はこの3曲をもって「Capriccio」は姿を消す。

作品番号でいうと117、118,119には「Capriccio」は出現しないのだ。全て「Intermezzo」のop117はともかく、118と119には「Capriccio」が存在しても良さそうである。op118-1の「Intermezzo」は曲想から見ると「Capriccio」でもおかしくはない。「Intermezzo」としては異例の「f」で曲が開始されるなど謎も多い。op119-3の「Intermezzo」やop119-4の「Rhapsodie」も長調であるというハンデはあるものの「Capriccio」で文句も出ないだろう。創作の最末期において「Capriccio」の出現にブレーキがかかる印象である。

結果として「Intermezzo」22曲に対して「Capriccio」は7曲を数えるばかりである。

2005年9月25日 (日)

インテルメッツォとカプリチオ

ブラームスに特有なピアノ小品のタイトルは、以下のようになっている。

①インテルメッツォ 19曲

②カプリチオ 7曲

③バラード 5曲

④ラプソディー 3曲

⑤ロマンス 1曲

これには第三ソナタ第四楽章、ピアノ四重奏曲第一番第二楽章の両楽章がインテルメッツォになっているのを含んでいない。また作品10-3のバラードはインテルメッツォにもカウントされている。念のため言うと、弦楽四重奏曲第一番の第二楽章のロマンツェもノーカウントです。

これらのタイトリングを施したブラームスの脳内基準はなんだろう。大抵の解説書では、キビキビ速めが「カプリチオ」で、ゆったりの瞑想系が「インテルメッツォ」という見解が提示されている。しかしop118-1やop10-3がインテルメッツォというのはこの基準では具合が悪かろう。もしかするとop119-3もインテルメッツォとしてはキビキビし過ぎかもしれない。

この区別、難解という他はない。ブラームスの気紛れという可能性さえあって、凡人を寄せ付けない壁を感じる。

ここに一つの提案をする。インテルメッツォには音楽用語「marcato」が一切用いられていない。marcatoが一箇所でも用いられた楽曲にインテルメッツォのタイトルを与えない」という命題を提起したい。上記の感覚的な定義「キビキビ=カプリチオ」「ゆったり=インテルメッツォ」という基準では違和感があったop10-3、op118-1、op119-3の三曲もこの基準を満たしている。ブラームスの脳味噌にこの基準が無かったとしたら凄いことだ。基準なしの偶然にしては出来過ぎだからだ。「marcato」は作品1から120までの間、時代とジャンルを問わずほぼ満遍なく分布し、約500箇所登場するというのに、「インテルメッツォ」と名づけられた作品に現れないのは何やらいわくありげである。もちろんピアノ独奏曲以外で「インテルメッツォ」のタイトルを捧げられたピアノソナタ第三番第四楽章とピアノ四重奏曲第一番第二楽章に範囲を広げても。この命題は輝きを失わない。

同様の傾向がカプリチオと「dolce」の間にも存在する。「インテルメッツォ&marcato」のケース程徹底されてはいないが、「カプリチオ」も「dolce」とはほぼ共存しない。しかしながらこれには例外が存在する。op76の中の4曲のカプリチオの中に8箇所「dolce」が現れる。op76はいろいろな諸現象において例外となることが多い、神秘の作品なのでこの際棚上げかもしれない。

本日のネタはブログとしては多分書き過ぎ、つまり大盤振る舞いだ。

その他のカテゴリー

001 用語解説 | 002 ドイツ旅行① | 003 ドイツ旅行② | 050 空席状況 | 051 お知らせ | 052 総集編 | 053 アラビアンナイト計画 | 060 ブラームス神社 | 061 縁起 | 063 賽銭 | 070 ドイツ分室 | 071 地名辞書 | 072 地名探検 | 073 地名語尾辞典 | 074 地名語尾 | 075 ドイツ語 | 076 ドイツ方言 | 077 ドイツ史 | 078 ハプスブルク | 079 人名辞典 | 080 イベント | 081 謝恩クイズ | 082 かるた | 083 のだめ | 084 お盆 | 085 中国出張 | 086 英国研修 | 087 ブログ出版 | 088 意訳委員会 | 089 ドヴォルザークイヤー総集編 | 090 ドヴォルザーク作品一覧 | 100 作曲 | 101 編曲 | 102 楽譜 | 103 音符 | 104 楽語 | 105 テンポ | 106 音強 | 107 拍子 | 108 調性 | 109 奏法 | 110 演奏 | 111 旋律 | 112 音型 | 113 リズム | 114 和声 | 115 対位法 | 116 形式 | 117 編成 | 118 ヘミオラ | 119 テキスト | 120 ベースライン | 121 再現部 | 122 微調整語 | 123 語彙 | 124 表情 | 125 伴奏 | 126 ジプシー音楽 | 140 ソナタ | 141 変奏曲 | 142 フーガ | 143 ロンド | 144 コラール | 145 間奏曲 | 146 スケルツォ | 147 ワルツ | 149 緩徐楽章 | 150 セレナーデ | 153 カプリチオ | 154 トリオ | 155 序奏 | 156 シャコンヌ | 157 メヌエット | 160 ブラームス節 | 161 分布 | 162 引用 | 170 楽器 | 171 ピアノ | 172 ヴァイオリン | 173 ヴィオラ | 174 チェロ | 175 コントラバス | 177 オーボエ | 178 クラリネット | 179 ファゴット | 180 ホルン | 181 トランペット | 182 トロンボーン | 183 チューバ | 185 トライアングル | 190 鍵盤楽器 | 191 弦楽器 | 192 木管楽器 | 193 金管楽器 | 194 打楽器 | 195 メゾソプラノ | 196 アルト | 200 作品 | 201 ピアノ曲 | 202 歌曲 | 204 室内楽 | 205 交響曲 | 206 協奏曲 | 207 管弦楽曲 | 208 合唱 | 209 重唱 | 210 民謡 | 211 オルガン | 212 オペラ | 213 カノン | 214 連弾 | 215 練習曲 | 216 学生歌 | 230 ドイツレクイエム | 231 交響曲第1番 | 232 交響曲第2番 | 233 交響曲第3番 | 234 交響曲第4番 | 235 大学祝典序曲 | 236 ヴァイオリン協奏曲 | 237 ピアノ協奏曲第1番 | 238 ピアノ協奏曲第2番 | 239 二重協奏曲 | 248 弦楽六重奏曲第1番 | 249 弦楽六重奏曲第2番 | 250 ピアノ五重奏曲 | 251 クラリネット五重奏曲 | 252 弦楽五重奏曲第1番 | 253 弦楽五重奏曲第2番 | 254 弦楽四重奏曲第1番 | 255 弦楽四重奏曲第2番 | 256 弦楽四重奏曲第3番 | 257 ピアノ四重奏曲第1番 | 258 ピアノ四重奏曲第2番 | 259 ピアノ四重奏曲第3番 | 260 ピアノ三重奏曲第1番 | 261 ピアノ三重奏曲第2番 | 262 ピアノ三重奏曲第3番 | 263 ホルン三重奏曲 | 264 クラリネット三重奏曲 | 265 ヴァイオリンソナタ第1番雨の歌 | 266 ヴァイオリンソナタ第2番 | 267 ヴァイオリンソナタ第3番 | 268 チェロソナタ第1番 | 269 チェロソナタ第2番 | 270 クラリネットソナタ第1番 | 271 クラリネットソナタ第2場 | 272 FAEソナタ | 300 作曲家 | 301 バッハ | 302 シェーンベルク | 303 ドヴォルザーク | 304 ベートーヴェン | 305 シューマン | 306 メンデルスゾーン | 307 モーツアルト | 308 ショパン | 309 シューベルト | 310 ワーグナー | 311 マーラー | 312 チャイコフスキー | 313 Rシュトラウス | 314 リスト | 315 ヘンデル | 318 ヨハン・シュトラウスⅡ | 319 ビゼー | 320 ブルックナー | 321 ハイドン | 322 レーガー | 323 ショスタコーヴィチ | 350 演奏家 | 351 クララ | 352 ヨアヒム | 353 ミュールフェルト | 354 アマーリエ | 356 ビューロー | 357 クライスラー | 358 ヘンシェル | 362 シュットクハウゼン | 400 人物 | 401 ファミリー | 402 マルクゼン | 403 ジムロック | 404 シュピッタ | 405 ビルロート | 407 ビスマルク | 408 ハンスリック | 409 フェリクス | 411 マンディ | 412 ヴィトマン | 416 カルベック | 417 ガイリンガー | 418 エルク | 419 グリム兄弟 | 420 森鴎外 | 431 アガーテ | 432 リーズル | 433 マリエ | 434 ユーリエ | 435 オイゲーニエ | 436 ベルタ | 437 リースヒェン | 438 オティーリエ | 439 シュピース | 441 バルビ | 442 シシィ | 500 逸話 | 501 生い立ち | 502 性格 | 503 学習 | 504 死 | 505 葬儀 | 506 職務 | 507 マネー | 508 報酬 | 509 寄付 | 510 顕彰 | 511 信仰 | 512 友情 | 513 恋 | 515 別れ | 516 こだわり | 517 癖 | 518 読書 | 519 リゾート | 520 旅行 | 521 鉄道 | 522 散歩 | 523 食事 | 524 ワイン | 525 タバコ | 526 コーヒー | 527 趣味 | 528 手紙 | 529 ジョーク | 530 習慣 | 531 住居 | 532 恩人 | 533 指揮者 | 534 教師 | 535 暗譜 | 536 美術 | 537 ビール | 550 楽友協会 | 551 ジンクアカデミー | 552 ハンブルク女声合唱団 | 553 赤いハリネズミ | 554 論争 | 555 出版社 | 556 初版 | 557 献呈 | 558 伝記 | 559 初演 | 560 校訂 | 571 ウィーン | 572 ハンブルク | 573 イシュル | 574 トゥーン | 575 デトモルト | 576 ペルチャッハ | 577 ライプチヒ | 578 デュッセルドルフ | 579 フランクフルト | 580 ベルリン | 590 イタリア | 591 イギリス | 600 ブログMng | 601 運営方針 | 602 自主規制 | 603 アクセス | 604 検索 | 605 カテゴリー | 606 記事備蓄 | 607 創立記念日 | 608 ブログパーツ | 609 舞台裏 | 610 取材メモ | 611 マッコークル | 613 一覧表 | 614 課題 | 615 カレンダリング | 616 ゴール | 617 キリ番アクセス | 618 キリ番記事 | 630 記念 | 631 誕生日 | 632 命日 | 633 演奏会 | 634 正月 | 635 ヴァレンタイン | 636 クリスマス | 637 ブラームス忌 | 638 ブラスマス | 639 クララ忌 | 641 愛鳥週間 | 642 ランキング | 699 仮置き | 700 思い | 701 仮説 | 702 疑問 | 703 お叱り覚悟 | 704 発見 | 705 奇遇 | 706 区切り | 707 モチベーション | 708 演奏会 | 709 感謝 | 710 よろこび | 711 譜読み | 712 音楽史 | 720 日本史 | 721 日本人 | 722 日本語 | 723 短歌俳句 | 724 漢詩 | 725 三国志 | 727 映画 | 728 写譜 | 730 写真 | 731 数学 | 732 レッスン | 733 ビートルズ | 740 昔話 | 741 仲間 | 742 大学オケ | 743 高校オケ | 760 家族 | 761 父 | 762 母 | 763 妻 | 764 長男 | 765 長女 | 766 次女 | 767 恩師 | 780 スポーツ | 781 野球 | 782 駅伝 | 783 バスケットボール | 784 サッカー | 785 アントラーズ | 786 バドミントン | 790 コレクション | 791 CD | 792 ipod | 793 楽譜 | 794 書籍 | 795 グッズ | 796 愛器 | 800 執筆の周辺 | 801 執筆の方針 | 802 ブラダス | 803 校正 | 804 譜例 | 807 パソコン | 808 ネット | 809 ドボダス | 810 ミンダス | 820 出版の周辺 | 821 パートナー | 822 契約 | 823 装丁 | 825 刊行記念日 | 840 販売の周辺 | 841 お買上げ | 842 名刺 | 860 献本 | 861 ドイツ国立図書館

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ