ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

カテゴリー「177 オーボエ」の4件の記事

2007年4月25日 (水)

オーボエの至福

ブラームスの諸作品におけるホルンやクラリネットのおいしい位置づけについては既に繰り返し述べてきた。本日はオーボエについて述べてみたい。

オーボエは室内楽には出番がない。その点ホルンやクラリネットの後塵を拝しているが、管弦楽曲にはそれを補ってあまりある出番に満ちている。第一交響曲の第一楽章の序奏部のソロは国宝物である。

交響曲全てに国宝重文級の出番が揃っていることもさることながら、「2番が面白い」のだそうだ。2番というのは第二交響曲ではなくて2番オーボエという意味だ。一般にブラームスは木管楽器各2本なのだが、その2本のうちの主席じゃない方を指している。これを言ったのは、「同期の桜のプロオーボエ奏者」だ。20年くらい前の話だ。彼が言いたいのは、いやしくも交響曲であるなら、オーボエは誰の曲であってもそこそこ出番がある。それは間違いないのだが、その出番は大抵1番オーボエに当てられていて、2番オーボエは和音の隙間埋め、ロングトーンあるいはフォルテ要員に徹する感が強いらしい。当時の私は勝手にそう解釈して感心していた。

先日の酒の席で確認したら「そんな事言ったかぁ」「ブラームスは2番オーボエも面白いといえば通っぽくてカッコいいと思ってな」などという無惨な憎まれ口を叩いていた。

「ベートーヴェンなら絶対1番を吹かねば退屈なのだが、ブラームスなら2番も面白い」というニュアンスは捨てたモンじゃないだろう。これはひょっとすると他の木管楽器にも当てはまるかもしれない。

さてさてオーボエの話題ではずしてならないのはヴァイオリン協奏曲だ。第2楽章に世界遺産級のソロがある。サラサーテがへそを曲げたという曰く付きの場所だ。文字通り独奏ヴァイオリンを隅に追いやってという感じである。とかくオーボエだけが目立つが、この場所の木管アンサンブルは絶妙だ。全曲の演奏終了後、もちろんヴァイオリン独奏者が万雷の拍手を浴びるのだが、指揮者が2回目にステージに呼び戻されたあたりで、オーボエ奏者が一人起立をさせられる場合が多い。私が生で聴いた演奏会では全部そうだった。指揮者やソリストから花束のお裾分けも珍しくない。客の3割くらいはそれ目当てかもしれない。オーボエ奏者がシェレンベルガーだったりしたら、ソリストを喰いかねない。

2007年3月31日 (土)

同期の桜

学生オケの同期入団の仲間とは何かと因縁が深い。在団中はもちろんだが、つきあいが長く続くメンバーもいる。かけがえのない仲間だ。団員数が100名弱の団体だから、同期入団は20名前後である。音楽へののめり込み方はそりゃ半端ではない4年間を過ごすのだが、そこはアマチュアでほとんどのメンバーが、卒業後には仕事の合間に楽器に接することになる。

私の同期に例外が一人いる。プロフェッショナルなオーボエ奏者になってしまった男がいるのだ。「プロフェッショナル」というのは、収入の大半を演奏の対価が占めているという意味だ。入団時はクラリネットを吹いていた。そういえば根っからのミュージシャン肌だったような気がする。1978年南房総岩井での新入生歓迎合宿以来のつきあいだ。一応学部は工学部で、卒業と同時に就職はしたらしいが、速攻で転職だ。その後取り組む楽器を替えてオーボエに辿りついたという。その間楽器の腕前と、感性を磨いていたのだと思う。プロの音楽家が同期にいるというのは、相当誇らしいものだ。学校の音楽の先生を別にすれば、同期どころか前後4~5学年を見渡しても唯一のケースだろう。

在団中は癒着していた。卒業後も要所を締めるかのように濃い付き合いが続いていた。

  1. 仲間の結婚披露宴にBGMを出前する身内互助会「千葉披露宴サービス」の重要なメンバーだった。彼の役割は「寿室内管弦楽団」の常任指揮者だった。
  2. 彼もまた百人一首好きである。
  3. OBが毎年夏に集まってブラームスの交響曲4つを4年がかりで完成させた「河口湖音楽祭」のメンバーだった。
  4. モーツアルトのレクイエムの冒頭のファゴットや、ベートーヴェンの第4交響曲フィナーレのファゴットも、やばいやばいと言いつつ絶妙の間合いで切り抜けていた。
  5. 私の結婚披露宴の2次会で演奏したブラームスの第4交響曲では、ファゴット奏者だった。一年前に徹夜で会場の確保をしたのも彼だ。
  6. 妻が亡くなった時、仲間への連絡を一手に引き受けてくれた。さらに告別式火葬場から戻るまでの間、次女の子守までかって出てくれた。「香典が2000円合わない、ゴメン」と言って謝ってきた時の神妙な顔が忘れられない。

なんだか世話になっている。お世話のなりかたで言うと完全に輸入超過だ。

ブラームス第一交響曲の演奏会で、遭遇したパニックの時のクラリネット吹きは何を隠そう彼だったのだ。つまり3月29日の記事「事故調査委員会」で「クラリネットは落ちていない」と主張した本人である。

http://brahmsop123.air-nifty.com/sonata/2007/03/post_8fe2.html

その3月29日に「ブラームスの辞書」を一冊贈呈した。通し番号はop16。「管弦楽のためのセレナーデ第2番」である。オーボエ奏者として活動してはいるが、木管楽器はほぼ全てこなすというスペシャリストにふさわしい番号がよくぞ空いていたという感じである。その場でブログと著書を誉められた。同期でありかつプロの音楽家でもある彼の誉め言葉は、じんわりと胸に沁みる。ブログも本も「多分世界一だ」と言ってくれた。彼自身のブログにも「ブラームスの辞書」の血も涙もある紹介文が掲載されている。

本のお礼にと、その場で自作のCDをくれた。彼のオーボエ奏者としてのファーストアルバムである。もらっといて言うのもナンだが、残念なことにブラームス作品は収録されていない。

お礼の意味をこめて彼のブログにリンクを貼らせてもらうことにした。他に当ブログの右サイドバー下方のリンク集にも加えさせてもらった。

http://projectm.blog.shinobi.jp/

2007年3月29日 (木)

事故調査委員会

2月21日の記事「パニック」で定期演奏会で起きたブラームス第1交響曲第2楽章でのパニックについて書いた。

http://brahmsop123.air-nifty.com/sonata/2007/02/post_6e70.html

昨夜当時の仲間2人と盛り上がった。私を入れて3人だが、みんなあの演奏会の経験者だ。「オーボエにつられてクラリネットも落ちて、チェロのおかげで助かった」という記事にクレームがついた。何せクラリネットを吹いていた本人が「オレは落ちていない」と言うのだから半端な説得力ではない。残る1人は私と同じヴィオラ弾きだ。飲み会は27年前の出来事についての「事故調査委員会」の様相を呈した。

私の手許には、当時使用したヴィオラのパート譜がある。問題の箇所は練習番号「B」だ。アウフタクトからオーボエが入る。オーボエやクラリネットの入りが鉛筆で書かれている。「コンマス見よ」という書き込みもある。この周辺の弦楽器はリズムが厄介な上に音程も微妙だ。約20小節間は我慢の展開なのだ。次々に入ってくるパートを耳で確認しては、自らの位置を認識したいがための書き込みだ。オーボエが落ちることなんて想定もしていなかった。あの日私はトップサイドだったから、指揮者もコンマスも至近距離から目に入ったが、そんなもの何の役にも立たなかった。

昔話とはいえ当事者の記憶は今も鮮明で生々しい。指揮者の棒は間違っていなかったし、クラリネットの1番は「伸ばしの入りはともかく16分音符の動きだしは、楽譜通りだった」と主張する。あとで「よくぞ入ったと誉められた」という。ハナっから弦楽器はアテにしていなかったからかもしれない。

チェロがインテンポとおぼしき場所で決然と入ってきた記憶しか私には残っていないが、オーボエのトラブルをまともに受け止めたクラリネットは、さぞ大変だったろう。

昔から、その手の修羅場には強い男だった。何事につけ追い込まれると力を出すタイプである。

2007年2月21日 (水)

パニック

コミック「のだめカンタービレ」第17巻に千秋真一がパニックに陥るシーンが描かれている。マルレオケ第2391回演奏会での出来事だ。ベートーベンの第4交響曲の中で起きる。千秋は一瞬今いる箇所を忘れる。94ページ最下段のコマだ。

演奏の冒頭から異変に気付いていたトマシモンの洞察力とリーダーシップ、そしてマルレオケメンバーの機転で、最悪の事態だけは免れるが、判る人には判ってしまう。原因は弾き振りのバッハのコンチェルトの演奏後に父の姿を客席に見た千秋の心の動揺にある。原因となった父はその瞬間「バーカ」と念ずる。ロランくんにも見通された。新聞の批評では「若者の背伸び」と書かれる。譜例に霞がかかっていてどの場所かわからない。第1楽章だろうとは思う。

私にも似たような経験がある。1980年6月22日千葉大学管弦楽団第47回定期演奏会のメインプログラムの中で起きた。何を隠そうブラームスの第一交響曲第2楽章である。38小節目からのオーボエのソロが消えたのだ。ヴァイオリンとヴィオラは拍頭に休符を持つシンコペーション気味の刻みなので、非常に数えにくいところだ。オーボエを聴くことによってのみアイデンティーを確認するという感じの場所だ。その肝心要のオーボエが落ちた。得てして「何でまた!」というようなところでトラブルが起きるものだ。オーボエに続くクラリネットも落ちた。一同もうだめだと思ったところで、チェロが決然とインテンポで入ってきた。後から思えばこのチェロが救いの神だった。チェロが曲がりなりにもインテンポで入って来なかったら止まっていた。後でチェロの連中に聞いた話では「オーボエを聴かずに数えていた」ということだった。今風に言えばリスク管理だろう。もちろん今では良い想い出だ。

何かと厳しいトマシモンはさすがである。93ページ左上スミのコマを見るがいい。「指揮を見るな」という合図があるのかという感じである。その合図をとっさに出すコンマスもコンマスなら、それを読み取るオケもオケだ。このとき千秋と父の葛藤はオケ全員誰も知らぬはずである。何がそうさせるのか?自分へのプライド、オケへの愛情、千秋への信頼などいろいろ考えられるが、結果として危機回避のためにオケは一致団結した。「ボレロ」や「魔法使いの弟子」でのあっけない決壊とは雲泥の差だ。

演奏会後、楽屋通路でのトマシモンの愛ある説教、後日ライブラリーでのテオの新聞音読およびそれに続くトマシモンのおやつ付きフォローには、暖かみを感じた。千秋がいることをテオから知らされている可能性を考えたい。でなければトマシモンにおやつを持ってライブラリーを覗きに来る癖があることになる。実はテオとトマシモンもいいコンビなのだ。客演指揮者アーロン・ネヴィルの使いッパシリと化す千秋とそれをネタにテオを叱るトマシモンの光景は、その延長線上にある。「うちの常任に人前でそんなことさせるな」とトマシモンが口走る場面がある。175ページ右下だ。13巻131ページ目で千秋の常任指揮者就任を聞かされて「私はまだ認めていない」と言い張った本人であることを考えると、この発言は感動的である。

その雰囲気は、トマシモンとテオだけにとどまらず、全員に伝染していたと解するべきである。巻末も程近い187ページ。ミスを謝るべきか迷いつつリハーサルに臨んだ千秋を迎えた足踏みがその根拠である。

第17巻まるまる一冊を使って、マルレオケと千秋の関係が「不滅」であることが描かれる。そしてそれが千秋自身のミスによって強調されるという筋立てだ。のだめとの微妙なすれ違いとは対極にある。

その他のカテゴリー

001 用語解説 | 002 ドイツ旅行① | 003 ドイツ旅行② | 050 空席状況 | 051 お知らせ | 052 総集編 | 053 アラビアンナイト計画 | 060 ブラームス神社 | 061 縁起 | 063 賽銭 | 070 ドイツ分室 | 071 地名辞書 | 072 地名探検 | 073 地名語尾辞典 | 074 地名語尾 | 075 ドイツ語 | 076 ドイツ方言 | 077 ドイツ史 | 078 ハプスブルク | 079 人名辞典 | 080 イベント | 081 謝恩クイズ | 082 かるた | 083 のだめ | 084 お盆 | 085 中国出張 | 086 英国研修 | 087 ブログ出版 | 088 意訳委員会 | 089 ドヴォルザークイヤー総集編 | 090 ドヴォルザーク作品一覧 | 100 作曲 | 101 編曲 | 102 楽譜 | 103 音符 | 104 楽語 | 105 テンポ | 106 音強 | 107 拍子 | 108 調性 | 109 奏法 | 110 演奏 | 111 旋律 | 112 音型 | 113 リズム | 114 和声 | 115 対位法 | 116 形式 | 117 編成 | 118 ヘミオラ | 119 テキスト | 120 ベースライン | 121 再現部 | 122 微調整語 | 123 語彙 | 124 表情 | 125 伴奏 | 126 ジプシー音楽 | 140 ソナタ | 141 変奏曲 | 142 フーガ | 143 ロンド | 144 コラール | 145 間奏曲 | 146 スケルツォ | 147 ワルツ | 149 緩徐楽章 | 150 セレナーデ | 153 カプリチオ | 154 トリオ | 155 序奏 | 156 シャコンヌ | 157 メヌエット | 160 ブラームス節 | 161 分布 | 162 引用 | 170 楽器 | 171 ピアノ | 172 ヴァイオリン | 173 ヴィオラ | 174 チェロ | 175 コントラバス | 177 オーボエ | 178 クラリネット | 179 ファゴット | 180 ホルン | 181 トランペット | 182 トロンボーン | 183 チューバ | 185 トライアングル | 190 鍵盤楽器 | 191 弦楽器 | 192 木管楽器 | 193 金管楽器 | 194 打楽器 | 195 メゾソプラノ | 196 アルト | 200 作品 | 201 ピアノ曲 | 202 歌曲 | 204 室内楽 | 205 交響曲 | 206 協奏曲 | 207 管弦楽曲 | 208 合唱 | 209 重唱 | 210 民謡 | 211 オルガン | 212 オペラ | 213 カノン | 214 連弾 | 215 練習曲 | 216 学生歌 | 230 ドイツレクイエム | 231 交響曲第1番 | 232 交響曲第2番 | 233 交響曲第3番 | 234 交響曲第4番 | 235 大学祝典序曲 | 236 ヴァイオリン協奏曲 | 237 ピアノ協奏曲第1番 | 238 ピアノ協奏曲第2番 | 239 二重協奏曲 | 248 弦楽六重奏曲第1番 | 249 弦楽六重奏曲第2番 | 250 ピアノ五重奏曲 | 251 クラリネット五重奏曲 | 252 弦楽五重奏曲第1番 | 253 弦楽五重奏曲第2番 | 254 弦楽四重奏曲第1番 | 255 弦楽四重奏曲第2番 | 256 弦楽四重奏曲第3番 | 257 ピアノ四重奏曲第1番 | 258 ピアノ四重奏曲第2番 | 259 ピアノ四重奏曲第3番 | 260 ピアノ三重奏曲第1番 | 261 ピアノ三重奏曲第2番 | 262 ピアノ三重奏曲第3番 | 263 ホルン三重奏曲 | 264 クラリネット三重奏曲 | 265 ヴァイオリンソナタ第1番雨の歌 | 266 ヴァイオリンソナタ第2番 | 267 ヴァイオリンソナタ第3番 | 268 チェロソナタ第1番 | 269 チェロソナタ第2番 | 270 クラリネットソナタ第1番 | 271 クラリネットソナタ第2場 | 272 FAEソナタ | 300 作曲家 | 301 バッハ | 302 シェーンベルク | 303 ドヴォルザーク | 304 ベートーヴェン | 305 シューマン | 306 メンデルスゾーン | 307 モーツアルト | 308 ショパン | 309 シューベルト | 310 ワーグナー | 311 マーラー | 312 チャイコフスキー | 313 Rシュトラウス | 314 リスト | 315 ヘンデル | 318 ヨハン・シュトラウスⅡ | 319 ビゼー | 320 ブルックナー | 321 ハイドン | 322 レーガー | 323 ショスタコーヴィチ | 350 演奏家 | 351 クララ | 352 ヨアヒム | 353 ミュールフェルト | 354 アマーリエ | 356 ビューロー | 357 クライスラー | 358 ヘンシェル | 362 シュットクハウゼン | 400 人物 | 401 ファミリー | 402 マルクゼン | 403 ジムロック | 404 シュピッタ | 405 ビルロート | 407 ビスマルク | 408 ハンスリック | 409 フェリクス | 411 マンディ | 412 ヴィトマン | 416 カルベック | 417 ガイリンガー | 418 エルク | 419 グリム兄弟 | 420 森鴎外 | 431 アガーテ | 432 リーズル | 433 マリエ | 434 ユーリエ | 435 オイゲーニエ | 436 ベルタ | 437 リースヒェン | 438 オティーリエ | 439 シュピース | 441 バルビ | 442 シシィ | 500 逸話 | 501 生い立ち | 502 性格 | 503 学習 | 504 死 | 505 葬儀 | 506 職務 | 507 マネー | 508 報酬 | 509 寄付 | 510 顕彰 | 511 信仰 | 512 友情 | 513 恋 | 515 別れ | 516 こだわり | 517 癖 | 518 読書 | 519 リゾート | 520 旅行 | 521 鉄道 | 522 散歩 | 523 食事 | 524 ワイン | 525 タバコ | 526 コーヒー | 527 趣味 | 528 手紙 | 529 ジョーク | 530 習慣 | 531 住居 | 532 恩人 | 533 指揮者 | 534 教師 | 535 暗譜 | 536 美術 | 537 ビール | 550 楽友協会 | 551 ジンクアカデミー | 552 ハンブルク女声合唱団 | 553 赤いハリネズミ | 554 論争 | 555 出版社 | 556 初版 | 557 献呈 | 558 伝記 | 559 初演 | 560 校訂 | 571 ウィーン | 572 ハンブルク | 573 イシュル | 574 トゥーン | 575 デトモルト | 576 ペルチャッハ | 577 ライプチヒ | 578 デュッセルドルフ | 579 フランクフルト | 580 ベルリン | 590 イタリア | 591 イギリス | 600 ブログMng | 601 運営方針 | 602 自主規制 | 603 アクセス | 604 検索 | 605 カテゴリー | 606 記事備蓄 | 607 創立記念日 | 608 ブログパーツ | 609 舞台裏 | 610 取材メモ | 611 マッコークル | 613 一覧表 | 614 課題 | 615 カレンダリング | 616 ゴール | 617 キリ番アクセス | 618 キリ番記事 | 630 記念 | 631 誕生日 | 632 命日 | 633 演奏会 | 634 正月 | 635 ヴァレンタイン | 636 クリスマス | 637 ブラームス忌 | 638 ブラスマス | 639 クララ忌 | 641 愛鳥週間 | 642 ランキング | 699 仮置き | 700 思い | 701 仮説 | 702 疑問 | 703 お叱り覚悟 | 704 発見 | 705 奇遇 | 706 区切り | 707 モチベーション | 708 演奏会 | 709 感謝 | 710 よろこび | 711 譜読み | 712 音楽史 | 720 日本史 | 721 日本人 | 722 日本語 | 723 短歌俳句 | 724 漢詩 | 725 三国志 | 727 映画 | 728 写譜 | 730 写真 | 731 数学 | 732 レッスン | 733 ビートルズ | 740 昔話 | 741 仲間 | 742 大学オケ | 743 高校オケ | 760 家族 | 761 父 | 762 母 | 763 妻 | 764 長男 | 765 長女 | 766 次女 | 767 恩師 | 780 スポーツ | 781 野球 | 782 駅伝 | 783 バスケットボール | 784 サッカー | 785 アントラーズ | 786 バドミントン | 790 コレクション | 791 CD | 792 ipod | 793 楽譜 | 794 書籍 | 795 グッズ | 796 愛器 | 800 執筆の周辺 | 801 執筆の方針 | 802 ブラダス | 803 校正 | 804 譜例 | 807 パソコン | 808 ネット | 809 ドボダス | 810 ミンダス | 820 出版の周辺 | 821 パートナー | 822 契約 | 823 装丁 | 825 刊行記念日 | 840 販売の周辺 | 841 お買上げ | 842 名刺 | 860 献本 | 861 ドイツ国立図書館

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ