ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 序奏 | トップページ | めばえ »

2005年5月30日 (月)

まずは!

学生時代からはじめたヴィオラを通じて出会った作曲家。ヨハネス・ブラームス。彼にのめりこんで26年にもなる。アマチュアのヴィオラ弾きとして一通りの経験を積み重ねた今も、「ブラームス大好き状態」は解除されそうもない。楽器の腕前は論外のレベル。絶対音感はもちろん、相対音感も危ないのが現実。つまり音程が悪い!しかしながら、さりながらブラームスへの思いだけは、相当な領域にあると自負している。屁理屈、薀蓄、凝り性のトリプルダブルである。その屁理屈が、頭の中に飽和してしまって、何かに書いて残さないと溢れ出しかねない情勢になってきた。「だから本を出す」これに尽きる。「売れる訳が無いのはもとより承知。でもキチンと残さねば誰かに言われてしまう。書かれてしまう。」と思い始めたのは、2003年の冬。それから約2年半。あと少しで本になる。

« 序奏 | トップページ | めばえ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まずは!:

« 序奏 | トップページ | めばえ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ