ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« まずは! | トップページ | 単純作業 »

2005年5月30日 (月)

めばえ

ブラームスの音楽に親しむ中から、ブラームス特有の記譜上の癖には早くから気付いていた。他の作曲家よりも数段繊細で複雑そうだ。当時全盛を誇ったという標題音楽に背を向け、絶対音楽の最後の砦に否応無く祭り上げられたという。そうだろうか?彼の繊細な音楽用語の遣いっぷりはそれ自体標題性に溢れてはいまいか?世の中にけっして少なくないブラームス関連の論評の中にあれこれあげられているブラームスの特質は、必ず楽譜の中に痕跡が存在するに違いない。とゆうようなことを学生時代からおぼろげに感じていた。旋律の流れ、ポリリズム、ポリフォニー、和声の流れ、楽器の用法など多くは天才のひらめきであり、統計の手法を拒否するカリスマ性に浸かっている中、音楽用語だけは、ブラームスがあちらから近づいてきてくれているような気がしていた。全てリストアップしたら何か解るかもしれない。

« まずは! | トップページ | 単純作業 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111593/4342124

この記事へのトラックバック一覧です: めばえ:

« まずは! | トップページ | 単純作業 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ