ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 学生オーケストラ | トップページ | 名刺 »

2005年6月14日 (火)

完全版下の台紙

めでたいことは間違いない。完全版下の台紙が完成した。

制作費削減のため完全版下を自ら作成して出版社に持ち込むという道を選んだことに後悔はない。しかし、ワープロの機能が抜群に向上したとはいえ難問も多く抱えていた。

まず、ワードの持つ盛りだくさんの機能を使いこなす知識がない。罫線が引けない。箇条書きが出来ない。などなどである。幸い今では基礎的スキルはマスター出来た。

完全版下を目指すとなると、ノンブルの位置や上下左右の余白の取り方にも気を配らねばならない。譜例の切り貼りもその一つである。しかしながらずっと悩んできたのは文字化けである。ディスプレイでは何の問題もないのに、いざ印刷すると身に覚えのない文字が躍っているというやつである。最初のころドイツ語の変母音が文字化けを起こし、原因を取り除くのに3ケ月かかった。ここ一週間悩んでいたのは、英字を印刷したときに文字の間隔が乱れるというとトラブルだ。マニュアルや参考書はまったく役にたたなかった。厄介なのは、同じ手順同じ操作で出るときと出ないときがあるということだ。これは今もって解決していない。

今夜とうとう、原稿をA5の紙にプリントすることに成功した。まだ譜例の切り貼りが残っているので、完全版下そのものが完成したわけではない。「完全版下の台紙」が完成したというわけである。文字化けで悩んだだけに感慨深いものがある。ここまで来ればあとは切り貼りをするだけである。昨夜から文字化け退治をいろいろと試みる中、誤植を2つ発見した。文字化け様様である。この先譜例の切り貼りをしながら発見される誤植が最後の誤植になることを祈りたい気分である。

« 学生オーケストラ | トップページ | 名刺 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 完全版下の台紙:

« 学生オーケストラ | トップページ | 名刺 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ