ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 標題機能 | トップページ | 喜び方のルール »

2005年7月 7日 (木)

納本日決定

夕立を心配しながら、いそいそと立ち戻った我が家に吉報が届いていた。

石川書房からのメールを開くと、11日月曜日に指定の場所に納品可能とある。あまりにあっけなく吉報がもたらされたので、しばし呆然とした。嬉しい七夕のプレゼントである。あいにく月曜日は大阪への出張が入っている。納本だけならば私が立ち会う必要はないので、11日月曜日を納本日とすることが決まった。一生忘れられない日になるだろう。納本場所の倉庫に連絡を入れ、間違いなく受領できるか確認をした。幸い偶然にも12日午前に、納本場所となる倉庫に用事が入っていた。少し早く出て感激の対面としゃれ込もう。

なんだか凄く嬉しい。家を建てたとき、車を買ったとき、楽器を買ったときのどれとも違う不思議な高揚感だ。唯一似ているのは、子供が生まれるのを待つ時の感じだ。関係者全員で長男の誕生を待っていた病院の廊下みたいな気持ちだ。それも母の気持ちではなく、子供の誕生を待つ父の気持ちに近いのだと思う。まだ、実際に納本もされておらず、実物を拝んだわけでもないのに、この嬉しさは一体なんだろう。このまま、4日後に実物と対面したら、どんな喜び方をわたしがすることになるのか、自分で見当もつかない。なんだか底の知れない喜びである。まだ、油断をするなと言い聞かせねばならないのだろうか?

最終原稿の手渡しから23日目。今までに体験したことが無かった新しい世界の予感がする。

« 標題機能 | トップページ | 喜び方のルール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 納本日決定:

« 標題機能 | トップページ | 喜び方のルール »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ