ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 投稿100件到達 | トップページ | 国会図書館 »

2005年7月24日 (日)

ブラームス・ムゼウム

「ブラームスの辞書」を差し上げた友人がお礼にくれたとっておきのブラームスグッズの画像をマイフォトにて公開します。ハンブルグのブラームス・ムゼウムで売っているそうだ。ブラームスは1833年ハンブルグ生まれである。

晩年のブラームスが散歩するシルエットに、赤いハリネズミが添えられた、「らしいデザイン」だ。「赤いハリネズミ」はブラームス行き付けのウイーンのレストランの名前である。

ハンブルグのブラームスムゼウムは商売っ気が無くて決まった曜日の決まった時間帯にしか開館していないそうだ。ストイックなところがブラームスらしい。たびたび仕事で欧州を訪れる友人も、仕事の空きと開館時間がマッチせずになかなか入手出来なかった逸品だそうだ。なくしたり汚したりを恐れて持ち歩けそうも無い。私の本なんかよりよっぽどレアだ。交換では申し訳ない。

ところで、そのブラームスムゼウムには何が陳列されているのだろう?生家は戦争で破壊されたと聞くし、主要作品の自筆譜や遺品だろうか?

« 投稿100件到達 | トップページ | 国会図書館 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラームス・ムゼウム:

« 投稿100件到達 | トップページ | 国会図書館 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ