ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ヴァイオリンレッスン | トップページ | sostenutoのピアノ偏在 »

2005年7月19日 (火)

旧友と

「ブラームスの辞書」を手渡すために旧友と会った。

本を出す楽しみの一つがこれであることは間違いない。学生時代に同じオーケストラに属し一緒にヴィオラを弾いた間柄だ。居酒屋での4時間があっという間だった。今日の話題は当然「ブラームスの辞書」だ。「ブラームスの辞書」を手にとっての感想は「ちっとも昔と変わらないな」だった。これがどんだけの褒め言葉か私には良くわかる。長いつきあいだからこその間合いで、褒め言葉だとわかる。昔と同じように音楽を熱く語って、あっという間に時間が過ぎた。

こういう相手にこそ、無償で差し上げて、感想を聞きたい。よくも悪くも率直に語ってくれるはずだ。彼女は(その旧友は女性である)ベートーヴェンの信奉者だ。ブラームスへの中途半端な感情抜きに、内容を評価してくれるだろう。

おまけにハンブルグのブラームス博物館で手に入れたというレアなブラームスのバッグをもらった。近日映像を公開するが、なんだか異様に嬉しい。

嬉しい夜だった。

« ヴァイオリンレッスン | トップページ | sostenutoのピアノ偏在 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧友と:

« ヴァイオリンレッスン | トップページ | sostenutoのピアノ偏在 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ