ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 写譜の楽しみ | トップページ | 足音 »

2005年7月10日 (日)

ベースラインマーカー

これは私の造語。

ブラームスの演奏振りや、ピアノの弟子への指導振りを目撃した幸運な人々は、しばしばブラームスが、作品のベースラインを重視したことを証言している。その度合いはしばしば旋律線そのものよりもベースラインを重視するケースさえあったとされている。ベースラインをないがしろにした演奏に対して烈火のごとく怒ったとか、僕は低音しか見ていないと語ったとか、その種のエピソードには事欠かない。

こうしたベースライン重視の姿勢が彼が残した膨大な量の楽譜に何等痕跡を残していないとは考えられない。残っていて当然である。ベースラインの動きが特に大切な場面で、ベースラインを担当する声部に付与した目印を私の著作の中で「ベースラインマーカー」と命名している。

先に言及した「主旋律マーカー」と合わせればブラームスの作品の2大骨格の「旋律」と「ベースライン」が浮き彫りとなる。時に応じて多彩な用語が使われた「主旋律マーカー」に比べて「ベースラインマーカー」は起用される単語が限定されている。その代表例は「marcato」である。「ben marcato」までを含んで「marcato」の二大機能のうちの一つである。「marcato」は「f」側における主旋律マーカーを担っているケースもあり判別が難しいが、この用例はけっして少なくない。

おっと、書き過ぎたか!

« 写譜の楽しみ | トップページ | 足音 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベースラインマーカー:

« 写譜の楽しみ | トップページ | 足音 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ