ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« のだめの中のブラームス① | トップページ | 週間アクセス300 »

2005年8月28日 (日)

検索のロジック

素朴な疑問が頭から離れない。キーワードを入力して検索する機能があるが、このときのロジックはどうなっているのだろう。検索結果の表示はどのようなロジックで決められているのだろう。

以前からずーっと疑問だった。同じキーワードを検索してもヤフーとMSNとニフティでは羅列のされ方が違う。知らないままでも大勢には影響がないので放置していた。しかし、検索の結果1万件のうちの最後の10件として表示されるか、最初の10件で表示されるかは、場合によっては死活問題である。特に商品の宣伝が目的のサイトが9990件目に表示されてもほとんど意味が無い。ブログ「ブラームスの辞書」は、宣伝の目的ではあるのだが、あくまでも道楽なのでそこは悠長に構えていた。

ところが、嬉しい誤算が発生した。MSNで「ブラームス」を検索すると14万6882件ヒットするのだが、「ブラームスの辞書」がなんとそのうちの9番目に置かれているのだ。「ブラームスの辞書」で検索すればこういうこともあろうと思うが、キーワードが「ブラームス」でそうなるというのは、喜びを通り越して不安でさえある。世の中ブラームスについての情報を求めてネット検索する場合十中八九「ブラームス」と入力するだろう。いきなり「ブラームスの辞書」と入力することは考えにくい。だからキーワード「ブラームス」で1ページ目に表示されるということの広告効果は計り知れない。サイトの露出度が上がるということに他ならない。

検索結果が複数ページ表示された場合、平均何回くらいスクロールするのだろう。個人的にいうと10回はやらないような気がする。よっぽどの探しものなら別だが、並みのサーファーでは5回でも上出来ではないだろうか?

今回図らずも1ページ目に登場できた。理由はよくわからないが、ごっつぁんだ。

« のだめの中のブラームス① | トップページ | 週間アクセス300 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 検索のロジック:

« のだめの中のブラームス① | トップページ | 週間アクセス300 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ