ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« モデラート周辺 | トップページ | con moto考 »

2005年8月22日 (月)

メトロノームのこと

ベートーヴェンの時代に発明されたというテンポを特定する道具。古今を通じて作曲家や演奏家にはあまり信用されていない。

ブラームスだってそんなに信用していたわけではない。時々MM値を記入している例もあるが、概ね信用していないそうだ。ピアノ三重奏曲第三番をブラームスとヨアヒム交じりでの演奏を、クララ・シューマンの高弟が記録した文書が残っている。彼女が記録した場所のメトロノームテンポを後年ヨアヒムが「やはりあれで正しい」と追認している場面がある。何度やってもあのテンポになったと懐古している。が、その場所の楽譜にはメトロノーム値などかかれてはいない。

ブラームスがある「allegro」の曲を10回演奏して10回ともキッカリ同じ「四分音符=120」になったとしても、楽譜に「四分音符=120」と書いてはいないという事実は重い。ブラームスは「四分音符=120」のつもりで弾いたわけではないのだ。曲想に照らして本能のままに弾いたらたまたま「四分音符=120」になっただけである。

メトロノームは便利だ。楽器の練習には欠かせないことは認めるが、発想記号のものさしではありえないと断言したい。

考えても見て欲しい。ダイナミクスを音量数値で表現したりはしないではないか。「f=100デシベル」「p=20デシベル」「mf=60デシベル」「pp=10デシベル」などとやりはしない。これがどんだけ不合理であるかは、みんなわかっているのに、なんでテンポだけはメトロノーム値で表したいのだろう。

« モデラート周辺 | トップページ | con moto考 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メトロノームのこと:

« モデラート周辺 | トップページ | con moto考 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ