ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 同窓会 | トップページ | 受注第二号 »

2005年11月24日 (木)

執筆開始記念日

7月12日に完成した「ブラームスの辞書」の執筆を開始したのは、昨年の11月23日だった。ちょうど一年前だ。

執筆を開始したとはいえ、本当に完成するのかどうかもわからぬ船出だった。6月から始まったデータベース作りが11月15日に終わってから、データの検証をし、見出し語約1200を確定させるのに一週間かかったというわけだ。当時決まっていたのは、「A5判」という判型だけだ。他に「完全版下持込方式」と「出版社」が決まっていたに過ぎない。予算の都合で総ページ数を250ページ程度に抑えたいとは思っていたが、書いてみるまでは判らない状況だった。もちろん装丁も具体的なイメージは固まっていなかった。出来るなら翌年の5月7日ブラームスの誕生日に刊行したいという、希望的観測を胸に「ブラームスの辞書」第一項「a tempo」に筆を染めた。

「ブラームスの辞書」は、結果としてAからZまで1167の見出しがあるが、執筆は完全にアルファベット順に進められた。仔細に読むとそのことが判るはずである。辞書だからユーザーは必要なところだけを引けばいいのだが、本当は、最初から順に読んだほうが話の通りがいい場合も少なくない。

昨年11月23日の執筆開始で、原稿の完成は今年3月7日だ。無論サラリーマンの勤めを果たしながらの執筆である。こうして今のんびりと当時を振り返りながら、休日の午後を過ごしているのが何だか不思議である。

« 同窓会 | トップページ | 受注第二号 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 執筆開始記念日:

« 同窓会 | トップページ | 受注第二号 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ