ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ニ短調の「Maestoso」 | トップページ | 至福の時 »

2005年12月30日 (金)

ブログの原点

ブログをコツコツと半年も続けてきた。しかも毎日更新で。しかも今のところ途切れる気配も無い。どこにこんなエネルギーがあるのか我ながら驚いている。

しかし、思い当たることが全くない訳ではない。実はこう見えても(見えてはいまいが)中学三年のころから10年間日記をつけていた。もちろんワープロではなく自筆だ。キッカケはお決まりのパターンで、当時あこがれていた同級生の女性が日記をつけていたからだ。これがまあコツコツと続いた。A4の分厚い大学ノートに二十数冊にはなる。勉強するふりをして自室にこもり書きまくっていた。内容は①好きな女の子のこと。②受験のこと。③音楽のこと(当時はベートーヴェンばかり)④バスケットボールのこと。⑤短歌。この短歌が合計で4500首くらいになっている。万葉集1冊分である。⑥あとはビートルズ。⑦試験の出来。

中学、高校、大学、社会人と進むに連れて興味も変わって行くが、この根気は現在に通ずるものがある。レコードで聴いた作品が克明に記録されていたり、初めて聞いた曲の感想も書いてあったりと退屈しない。

思い当たることもう一つが、育児日記。三人いる我が家の子供たち一人一人に日記がある。これは時代が下ったのでワープロになった。長男の誕生から次女の小学校入学までの克明な日記である。これまた毎日撮影した写真と併せて読むと写真日記になる仕組みだ。

思えばこの凝り性なところは、昔のままなのである。対象が「好きな女の子」から「我が子」に移り、子育て一段落の今「ブラームス」に変わっただけのことなのだ。10年続けるくらい朝飯前だと胸を張るだけの実績がある。

« ニ短調の「Maestoso」 | トップページ | 至福の時 »

コメント

ブログ、たのしみにしています。
毎日これだけの話題があるなんて、すごいです。。。これもブラームスへの愛情からきているのでしょうか?
どうぞ、よいお年をお過ごしください!

<亜ゆみ様
「愛情」っておっしゃられると、照れます。妄想ばかりですよ。

ブログをいつもご覧いただいてありがとうございます。

良いお年を!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログの原点:

« ニ短調の「Maestoso」 | トップページ | 至福の時 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ