ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 保管場所の話 | トップページ | 最上級のお作法 »

2005年12月 6日 (火)

献本行脚⑤

久々に献本を決行した。某音楽大学としておこう。

正門の警備員さんに事情を話すと、やや困ったような表情。そうです。お困りですよね。そういう訪問者は想定外でしょうから。でも、近くにいたもう一人の人と相談すると、直接図書館に電話をかけてくれた。しばらくすると、「直接図書館に出向いて、そちらで事情を話してください」と言って、図書館への地図を手渡してくれた。ありがたい。ここで門前払いでも何も文句が言えないところであるから、有り難味もひとしおである。

てくてく歩いて図書館に向かう。傾きかけた日ざしがキャンパスに差し込んで心地よい。ピアノを練習する音もかすかに聞こえてくる。正門からはものの5分で図書館だ。カウンターごしに訪問の主旨を告げると応対に出た女性が、どこかに電話をかけている。やがて司書とおぼしき女性が現れた。「自分で書いた本を寄付させていただきたい」と告げて「ブラームスの辞書」を差し出した。彼女は「蔵書とさせていただくかどうかは、この場では決定出来ませんが」と申し訳なさそうに口ごもっている。当然である。ここで門前払いでも文句は言えないのだ。「それでは本をお預けします。もし蔵書に出来ないというご判断であれば後日取りに来ます」と言う。「それならば対応できます」とニッコリである。

見ず知らずの飛び込みの訪問者への応対として当然である。不審な点は何一つ無かった。一つだけお願いをした。蔵書にするかどうかの判断の可否にかかわらずメールか電話かどちらかで知らせて欲しいと申し出た。これにはあっさりと同意していただいた。名刺を置いて礼を言って辞した。その間ものの10分である。

さてさて、どんな判断が下されるか楽しみに待つとしよう。

« 保管場所の話 | トップページ | 最上級のお作法 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 献本行脚⑤:

« 保管場所の話 | トップページ | 最上級のお作法 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ