ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ブログ本 | トップページ | ゴールドベルグ »

2005年12月22日 (木)

名所・絶景

楽譜上での音符や用語の配置、アーティキュレーションのあて方を総合して「景色」と呼んでいることがある。楽譜を元に演奏家が音に翻訳してしまう前の、楽譜上の諸現象を指している言葉と置き換えられる。つまり「楽譜の眺め」である。さらにこれらのうち演奏して聴いておいしい場所を「名所」「絶景」と表現している。

実際の景色と同じく、楽譜にも豪快な眺めもあれば、繊細な景色もある。

第一交響曲第四楽章30小節目の「Piu andante」は「絶景」の一つである。ホルンの「f sempre e passionato」は言うに及ばず、空気を形作るヴァイオリン、ヴィオラ。しかもヴァイオリンにのみ弱音器の装着を求めている周到さ。8小節目遅れのフルートに付き従う「pp dolce」のトランペット。そして世界遺産級のトロンボーン。しかししかし、これら全ては61小節目の「allegro non troppo, ma con brio」の段取りでしかない。いそいそと弱音記器をはずすヴァイオリンの深々としたG線開放弦だ。恒例の「poco f」に神秘の「mp」を混在させた類例のないダイナミクスである。

「音楽の聴こえ」と「楽譜の眺め」が醸し出す至高の瞬間のいくつかを「ブラームスの辞書」では「名所」「絶景」と表現している。

今日は、長女の誕生日である。

« ブログ本 | トップページ | ゴールドベルグ »

コメント

景色ですか。いい例えですね。
ブラームスの絶景は素晴らしいんだろうなぁ・・・。でも知られざる穴場もたくさんありそう!
私はひとつのお話のように思います。

<亜ゆみ様
ありがとうございます。
そりゃもちろん知られざる穴場がいっぱいですよ。
知らずに一生を終えるのはもったいないです。
でも多分一生の間に発見しきれないと思います。

ご長女さんのお誕生日おめでとうございます。
早いものですね、さぞかし美しく成長されたことでしょう。
ヴァイオリンも熱心に勉強されているようで、
ご家族でカルテットを演奏できる日も、
そう遠くないような感じですね♪

<ひふみ様
ありがとうございます。必ずしも美しくはありませんが、成長は
しています。来年はおばあちゃんんの背を抜くんだというのが
無邪気な目標です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名所・絶景:

« ブログ本 | トップページ | ゴールドベルグ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ