ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 献本の結果 | トップページ | 回収行脚 »

2005年12月13日 (火)

受注第三号

「ブラームスの辞書」に三番目の注文が入った。いわゆる「他人様」からの発注である。ここでいう「他人様」とはあくまでも「ブラームスの辞書」刊行以前からの知人ではないという意味だ。この度のご注文により、そのご依頼主さんは私の心の中では親戚になる。つまり親戚第三号が出現したということである。明日のお届けを手配した。

今回の嫁ぎ先は、アマチュアのオケで活躍中のチェリストだ。女性である。一号二号とヴィオラ弾きが続いていたが、その流れは途切れた。しかし、アマチュアの演奏家の許に嫁がせることに変わりは無い。ブラームスはチェロ弾きにとってさえ、恐らく相当おいしいに違いない。

それにしてもこの喜びは格別だ。この先これに慣れてしまうことは、恐らくないだろう。先方の家風をよく感じ取って、末永くかわいがられるよう、よく言い聞かせた。

さてさて注目の番号はopus80つまり大学祝典序曲である。

「ブラームスの辞書」が広げてくれる世界の奥行きは計り知れない。心からお礼申し上げたい。

« 献本の結果 | トップページ | 回収行脚 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 受注第三号:

« 献本の結果 | トップページ | 回収行脚 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ