ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ドイツ語表示の声楽集中 | トップページ | 思案のしどころ »

2006年1月11日 (水)

ほとんど「業務分担」

昨日の記事「ドイツ語表示の声楽集中」と併せてお読みいただきたい。

独唱歌曲の楽譜上には、「声楽にはドイツ語、ピアノにはイタリア語で、同じ意味のニュアンスを指示しているケース」が多く、この現象を「ブラームスの辞書」では「伊独辞典状表記」と命名していることは、既に何回か述べてきた。この現象には名前を付ける甲斐があるほど頻発していると思っていただきたい。

しかし、同様にドイツ語とイタリア語を同時に記しながら、それらが同じ意味になっていないケースも存在する。たとえば「ティークのマゲローネのロマンス」op33-13の冒頭を見るといい。声の側にはドイツ語で「Zart, heimlich」(やさしく、ひそやかに)と記される一方、ピアノ側にはイタリア語で「Vivace」(活発に)と記されている。声の側にはニュアンスを示し、ピアノにはテンポを示したと解したい。もはや「業務分担」と称すべきである。この類の業務分担は、数は少ないものの、要所を締めている印象だ。

「伊独辞典状表記」が多勢を占めている中、「業務分担型表記」も混在していて油断が出来ない。相手のパートに記された表記を確認する癖をつけておきたいところである。

« ドイツ語表示の声楽集中 | トップページ | 思案のしどころ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ほとんど「業務分担」:

« ドイツ語表示の声楽集中 | トップページ | 思案のしどころ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ