ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ほとんど「業務分担」 | トップページ | 2006年初荷 »

2006年1月12日 (木)

思案のしどころ

昨年一年は、「ブラームスの辞書」の執筆と出版に明け暮れた。やりたいことのいくつかを封印していた。お金や時間を「ブラームスの辞書」に集中するためだった。

今、「ブラームスの辞書」を出して年が明けた。昨年封印したことが、頭に蘇ってきた。それは「ipod」だ。現在携帯オーディオ市場を席捲しているあのアイテムだ。新発売の時も相当話題になっていた。もちろん欲しかったが「ブラームスの辞書」のために封印した。機能から見れば高くはないと思うが、キャッシュフローとしては痛い。当然容量は60GBが欲しくなるに決まっているのだ。だから当然の帰結としてお値段も張るということになる。

お金もさることながら、買ったが最後、ブラームスの作品を全部取り込んで持ち歩きたくのるのは見えている。ブラームス全部を持ち歩いてみたくなるに決まっているのだ。ブラームスの全作品を誰の演奏を収録するか選ぶのが、これまた楽しい作業になる。何故60GBの大容量版が欲しいかは、これでお判りいただけるだろう。公称15000曲収録は、ポップス系の作品を大体一曲4分と仮定した数値なのだ。40分の交響曲でも1500曲だ。一つの作品に複数の演奏を入れてもおつりが来る。作品番号付きの作品はもちろん、作品番号なき作品や、編曲物まで全部取り込める。「私家版ブラームス大全集」というわけである。

どうしたものか・・・・。

« ほとんど「業務分担」 | トップページ | 2006年初荷 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思案のしどころ:

« ほとんど「業務分担」 | トップページ | 2006年初荷 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ