ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 一日一本体制 | トップページ | 夜道の第一交響曲 »

2006年2月 2日 (木)

ピアノ三重奏曲イ長調

1938年にブラームスの遺作として発表された作品。Moderato-Vivace-Lento-Presto。

問題は、これが本当にブラームスの真作かということに尽きる。マッコークルの「ブラームス作品目録」には一応載ってはいるが、偽作呼ばわりとまでは行かないものの、怪しいという分類になっている。諸説入り乱れた真贋論争がにぎやかだ。ある人は曲中に「cantabile」が頻発することを持って偽作と云っている。第一楽章が「moderato」なのも怪しげだ。何といっても一番困るのは、聴いただけでは判らないという点だ。

問題は、この曲を現在作成中の「私家版ブラームス全集」に入れるかどうかだ。このほど買い求めたipodはブラームス以外の作曲家の作品を取り込まないと心に固く誓ったので、これが偽作だと取り込みはまずい。

我が家にこのCDがあるので余計に迷うことになるのだ。かなり真剣に困っている。

« 一日一本体制 | トップページ | 夜道の第一交響曲 »

コメント

ですよねぇ。

困ったモンです。中途半端は嫌です。

マッコークルも疑ってかかっているようです。

私もこのCDは持っています。
私には真偽のほどはわかりませんが、
真だと思って聴けばそう聞こえますし、
偽だと思って聴けばそのようにも聞こえます。

二度ばかり生演奏で聴かせて貰いましたが、
その時の演奏者たちも概ねそんな感想でした。
お困りになるお気持ち、よくわかりますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ三重奏曲イ長調:

« 一日一本体制 | トップページ | 夜道の第一交響曲 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ