ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« サー・ジョン・バルビローリ | トップページ | コーヒー終止 »

2006年2月 9日 (木)

寒い朝のテネラメンテ

立春を過ぎたとは言え、朝はまだまだ寒い。ipodのおかげで駅までの徒歩16分が苦にならなくなった。今朝は何気なく「6つのピアノ小品op118」を玄関でセットした。晴れてはいたけれど、荒涼たる野を吹き抜けるような118-1のインテルメッツォが、冬っぽくていいと思ったからだ。

予想もしなかった収穫は次の瞬間だった。インテルメッツォ118-2「アンダンテ・テネラメンテ」が不意に流れ出した。背筋に冷たいものが走った。無理やり言葉にするのは本意ではない。

よく晴れた日の寒い朝、道を歩きながら聴くといい。その時、出来れば空を見ていて欲しい。この曲を作ったブラームスの気持ちに少しだけ近付けたような気になれる。

« サー・ジョン・バルビローリ | トップページ | コーヒー終止 »

コメント

同じく、ここまでにしておきます。

すごく感慨深かった・・。

わかってもらえて嬉しいです。

ただそれだけにしておきます。

言葉にしてしまうと、壊れてしまいそうだからです。

すごくその情景が浮かんできます。

実は私も最近、聴いていたiPodから不意に118-2が流れ出して不思議な気分になったことがありました。
やはりその時の空は晴れていました・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒い朝のテネラメンテ:

« サー・ジョン・バルビローリ | トップページ | コーヒー終止 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ