ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« p pesante | トップページ | ニューヨーク上陸 »

2006年3月23日 (木)

ささやかな喜び

今日の話はブラームスには直接関係が無い。

本日夜は帰宅が遅くなる予定だったので、娘たちにはパパ抜きで練習をしておくように指示して家を出た。娘らは起き抜けで眠いせいもあって、「はいはい」みたいな無残な反応である。予定が変わって7時半に帰宅できた。玄関に入るとヴァイオリンの音がする。二階からだ。娘らがヴァイオリンの練習をしているのだ。帰宅した私には気付いていない様子で、ヴァイオリンの音は途切れなく続いている。忍び足で階段を上がり、そっと様子をうかがうことにした。

姉がカイザーの25番を弾いている。妹は姉のすぐ横に座って練習の様子を見ている。始めたばかりの課題曲なので音程が悪い。最近やっとまともにチューニングが出来るようになったばかりなので、E線が低い気がする。ここで口をはさんではおしまいなので、グッとこらえて様子を見た。ああこんな音程じゃだめだよ。私と練習するときは私がピアノを弾きながら(一本指でだ!!)音程を合わせるのだが、妹では役に立たない。いかんいかん。

でもつっかえつっかえ弾いている。同じところを繰り返している。難しいところが判るのか?ミにシャープなんぞが付くとてきめんに音程が決壊する。次の開放弦が来るまで回復しない。さすがに止まってやり直している。

普段生意気な長女だが、妙にしおらしい。ここで、部屋に割って入った。「ただいま」「なんだパパか。やっとかないとうるさいかなって思って」「音程わりィぞ」「だから練習してんでしょ」悪びれたところが無い。なんだ凄く嬉しかった。聴けたモンでは無かったが、自分が必要とされているようで嬉しかった。「また一緒に練習しような」という気に心からなった。

妹は、姉の練習中に遊んでいると姉に叱られるので仕方なく、横に座っていたらしい。私が帰宅しなければこのあと、姉が妹を指導してカイザーの1番を練習する予定だったそうだ。

私はこのドタバタの果てにブラームスがあると、信じて疑わない父である。

« p pesante | トップページ | ニューヨーク上陸 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ささやかな喜び:

« p pesante | トップページ | ニューヨーク上陸 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ