ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ブラダスとベトダス | トップページ | 初演あれこれ »

2006年3月31日 (金)

あの娘のもとへ

ipod購入から約2ケ月が過ぎた。毎日の通勤時間にブラームスを聴きまくっている。

特に聴きたい曲が無い場合には、適当に再生して楽しんでいる。そうした聴き方をしている途中に、突然ある曲に惹き付けられることがある。今日の話題の曲もそうだった。何気ない瞬間にふと入りこんできたのだ。低いロ音のアウフタクトから深くえぐり込んで立ち上がる旋律が心に突き刺さった。「Der Gang zum Liebchen」(あの娘のもとへ)作品48-1だ。

ABABの単純な二部形式で二分にも満たない曲だ。恋人のもとに急ぐ男の心情を歌った歌詞を持つ。深い深い闇の底から汲み上げられるようなロ音のアウフタクトがピアノ無しのむき出しで立ち上がる。ブラームス歌曲中最高級の人気を誇る「永遠の愛」作品43-1にも引けを取らない。聴き方によってはワルツないしは極上のレントラーとも受け取れる。

これ以上言葉を費やすのは無駄というものだ。ふとしたはずみで耳に飛び込んできたことが目覚めのキッカケになった曲は、心に深く沁み込む。作品118-2や117-2のインテルメッツォがそうだった。この曲もきっと一生の宝物になるのだろう。今まで見つけてあげられずに申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

« ブラダスとベトダス | トップページ | 初演あれこれ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あの娘のもとへ:

« ブラダスとベトダス | トップページ | 初演あれこれ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ