ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 原典版 | トップページ | お約束 »

2006年3月11日 (土)

架空・歌唱コンクール

歌曲には、はまる。十人十色の歌声は、素人の私にでも聴き分けが出来る。管弦楽や室内楽では、原則として一つの作品について一種類の録音しか取り込まないが、歌曲は例外だ。歌手ごとに微妙な味わいの違いがある。

我が家のCDで一番多く歌手が歌っているのは「永遠の愛」op43-1だ。下記の通り10種類である。次に多いのは、「五月の夜」op43-2で8種類だ。

  1. アンドレアス・シュミット
  2. ヘルマン・プライ
  3. ディートリッヒ・フィッシャーディースカウ
  4. アンネゾフィー・フォン・オッター
  5. マーガレット・プライス
  6. ナタリー・シュットゥッツマン
  7. エリー・アメリング
  8. ジェシー・ノーマン
  9. フランソワ・ポレ
  10. 鮫島有美子

これらを全部ipodに取り込んだ。シャッフルをかけてランダムに再生させる。全部聴き終わるの約45分かかる。昨日通勤時間にこれを聴いた。いやいや華麗である。元々大好きな曲なので、いくら聴いても飽きない。課題曲「永遠の愛」を参加者が次々と歌うのを聴いている審査員になった気分である。

ipodならではのお楽しみである。

« 原典版 | トップページ | お約束 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 架空・歌唱コンクール:

« 原典版 | トップページ | お約束 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ