ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 弦楽六重奏曲ピアノトリオ版 | トップページ | 楽譜の立場 »

2006年4月 6日 (木)

ドリアンリート

東南アジア産の例の果物の名前ではない。これを最初に断らねばならないのが辛いところである。

この場合の「ドリアン」は「ドリア調の」という形容詞的な働きをする単語である。しからば「ドリア調」とは何か?超平たく言うと、ピアノの白鍵をCから順に弾くとハ長調になるが、これをCではなくDから弾くとそれがドリア調だ。ニ短調の旋律的短音階のうちCisがナチュラルした形である。

先日、とある音楽用語の解説書を読んでいた。バロック時代までの古い時代には、最後に付与される調号を省略する習慣があったらしい。フラットを伴う短調や、シャープを伴う長調にその傾向が見られたという。省略した調号はその都度臨時記号を付加して補っていたらしい。たとえばニ短調なら現在であればHにフラットが付与されるという調号が一般的なところ、調号を付与しないということなのだ。

バッハの「トッカータとフーガニ短調」BWV538にこの実例があり、ゆえに「ドリアントッカータ」と呼ばれているという。

フラット1個の調号を持ったニ短調で言うと旋律的短音階を弾こうとすると、「Bにナチュラル、Cにシャープ」という臨時記号を付加せねばならない。もしもドリアン風の調号なら、「Cにシャープ」だけでいいことになる。

実はブラームスにもこの実例がある。作品48-6「幸せも救いも僕から去った」がそれだ。2分の4拍子のアンダンテで、ほぼ全曲がいわゆる「白玉」2分音符と全音符で出来ている。作品番号つきの作品で2分の4拍子は多分これだけだろう。この曲鳴っている音はニ短調なのに調号にはフラットもシャープもない。臨時記号は全曲を通じてCへのシャープが16回とHへのフラットが2回現れる。

古風な感じがする渋いリートになっている。つまり「ドリアンリート」である。

« 弦楽六重奏曲ピアノトリオ版 | トップページ | 楽譜の立場 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドリアンリート:

« 弦楽六重奏曲ピアノトリオ版 | トップページ | 楽譜の立場 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ