ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« molto dolce ed espressivo | トップページ | リーズルの思い出 »

2006年4月29日 (土)

我が恋はみどり

クララ&ロベルトのシューマン夫妻の末っ子フェリックス・シューマンの詩に付曲された作品63-5の歌曲のタイトル「我が恋はみどり」である。

シューマン夫妻の子供たちは7人。マリエ、エリゼ、ユーリエ、オイゲーニエが女の子。フェルデナンド、ルドヴィッヒ、フェリックスが男の子だ。ブラームスにアルトラプソディを書かせたユーリエが30歳で没してしまった以外の女の子はみな長生きしたのだが、男の子たちはあまり元気ではなかった。

フェリックスには詩の才能があった。名高いのは作品63-5「我が恋はみどり」だが、他に作品63-6「にわとこの木のあたりで」と作品86-5「沈潜」の合計三篇がブラームスによって付曲されている。詩の才能があるといっても、ドイツ歌曲のマエストロたちが曲を奉った巨匠たちの間に入ってしまうと、いささか分が悪い。もしフェリックスがシューマン夫妻の息子でなかったら、ブラームスの目に止まったかどうか。

本日話題の「我が恋は緑」は19歳のフェリックスにブラームスが贈ったものだ。この5年後に結核でこの世を去るフェリックスの名は、ブラームスが曲を奉ったことで永遠に記憶されることになる。若々しさの残る、ややぎこちない詩に付与されたブラームスの曲は、短いながらキリリとしたみずみずしさに溢れている。詩の未成熟さすら魅力にすりかえてみせる。クララの日記によれば、それは1873年のクリスマスだ。クララ自身の奏するピアノに合わせて歌のパートを弾いたのは当代最高のヴァイオリニスト・ヨアヒムだったという。

今日はみどりの日である。

« molto dolce ed espressivo | トップページ | リーズルの思い出 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が恋はみどり:

« molto dolce ed espressivo | トップページ | リーズルの思い出 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ