ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 大型連休の成果 | トップページ | シューベルト売り場 »

2006年5月17日 (水)

イントロ

「前奏」の意味。狭い意味では歌曲の場合を指すと思われる。主旋律の登場をより円滑かつ効果的にするための音楽的な準備。多くの場合伴奏と呼ばれる声部が受け持つ。イントロが後から続く主部を聴き手に想起させる効果は低くない。これが昂じて、「イントロ当て」というお遊びがジャンルとして存在するに至った。

しかしながら、さりながらだ。ブラームスに限らず世の中の音楽作品には、このイントロを介在させずにいきなり旋律で始まるものも多数存在する。ブラームスの独唱歌曲204曲についてイントロの有無を調査した。イントロありは155曲76%を数えた。この場合のカウントのルールはピアノパートが、声のパートよりも先行して立ち上がるものを全部だ。

実際には、ビートルズの「She loves you」のように一瞬だけ伴奏が先行するものの、ヴォーカルがすぐにかぶさってくるケースもある。作品105-1「調べのように」が代表格である。これでは歌の導入をじっくり準備しているとはいえず、冒頭に挙げたイントロの定義を十分に満たしているとは言い難い。こうした極端に短いイントロつまり「She loves you」型を「1小節未満のピアノ先行」と定義してイントロに含めずに集計するとイントロありは133曲65.2%になる。

おそらく、作品の冒頭にイントロを置くかどうかは、高度に芸術的な判断に属するものと思われる。導入準備無くいきなり歌を始めることもまた、ある種の効果を狙ったものと解し得る。

« 大型連休の成果 | トップページ | シューベルト売り場 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イントロ:

« 大型連休の成果 | トップページ | シューベルト売り場 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ