ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 民謡風 | トップページ | 嬰ヘ長調 »

2006年5月20日 (土)

クララのテーマ

ロベルト・シューマンあるいはクララ・シューマンに詳しい人に確認しなければないらない。ブラームス関連の書物を読んでいておやっと思った。「A-Gis-Fis-E」という下降4音の繋がりで構成されたモチーフが、どうやらロベルト・シューマンによって「愛する妻クララのモチーフ」と位置付けられているらしい。実際、ロベルトとクララは夫婦なので自然なことなのだが、このテーマがブラームスの作品に偶然とは解し難い濃密さで現れるとなると、俄然興味が深まる。

晩年のピアノ小品集、とりわけ作品116の中にしばしば現れる。無論ブラームス本人は、自作に「クララの主題を盛り込んでおいたからね」等の仄めかしを公式には一切していない。この手の4音下降は始まりをAに限定しなければもっと実例を増す。

また作品118の6曲の調性を順に並べると下記のとおりになる。

Amoll→Adur→Gmoll→Fmoll→Fdur→Esmoll

「ラ→ソ→ファ→ミ」となっているという訳だ。

「A-Gis-Fis-E」を臨時記号無しで実現するには、ソとファにシャープが付きながら、ラにはシャープが付かないことが、条件だ。となるとシャープ3つのイ長調か同じく4つのホ長調の作品との相性がいいと思われる。音形が下降であるという難点に目をつぶれば、イ短調の旋律的短音階も候補のひとつとなるだろう。

このモチーフの存在がブラームスの「イ調好み」の傾向を裏付けているとも思われる。

本日はクララ・シューマンの命日だ。1896年5月20日没だから没後110年ということになる。今年250年の人に比べれば、出版業界やCD業界からは相対的に無視されているので、せめて私が今日から少しシューマンネタを発信したいと思う。

« 民謡風 | トップページ | 嬰ヘ長調 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クララのテーマ:

« 民謡風 | トップページ | 嬰ヘ長調 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ