ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« AとB | トップページ | もう一つの「野ばら」 »

2006年5月25日 (木)

シューベルトへの傾倒

お断りするまでもないが、シューベルトに傾倒しているのは私ではない。ブラームスがシューベルトに傾倒しているのだ。

CDショップの歌曲売り場を覗いていて思わぬ発見をした。シューベルトの歌曲は品揃えが豊富で羨ましいと思って、シューベルトの棚を眺めていた。「管弦楽編曲版による歌曲集」というアルバムを発見した。もちろんシューベルトの作品が集められているが、伴奏がピアノではなくオケだということだ。しかも編曲したのは古今の有名な作曲家たちというふれこみだ。収録21曲中に、ブラームス編曲という作品が4つも入っていた。他にはベルリオーズ、ブリテン、レーガー、ウエーベルン、リスト、オッフェンバックだ。演奏はオッターとクワストホフである。

さてブラームス編曲による作品は以下の通りだ。

  1. D838「エレンの歌第二」 ホルン4+ファゴット3
  2. D541「メムノン」 Fl、Ob、Cl、Fg各2、Hr4、弦楽五部
  3. D369「御者クロノスに」 Fl、Ob、Cl、Fg、Hr、Tp各2、Pauken、弦楽五部
  4. D719「ひめごと」 弦楽四部+ホルン

管弦楽版とはいっても編成はごくごく控え目だ。ここいらがブラームスらしいところだ。特に1番目のホルン4とファゴット3という編成は、渋過ぎる。こういう編曲ものまでちゃんと載せてくれているマッコークルはさすがである。このことを調べていて判ったのだが、ブラームスはシューベルトの歌曲はたくさん編曲しているが、シューマンの歌曲には目もくれていない。

これら4曲も「私家版ブラームス全集」に取り込むことにした。

« AとB | トップページ | もう一つの「野ばら」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シューベルトへの傾倒:

« AとB | トップページ | もう一つの「野ばら」 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ