ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« No music No life | トップページ | ブログタイトル総覧 »

2006年5月30日 (火)

ブログ開設一周年

昨年5月30日に立ち上げたブログ「ブラームスの辞書」が一周年を迎えた。

特筆すべきこと、それは、毎日一本の記事をアップすることが出来たことだ。立ち上げの日、密かに自分に誓ったことを達成することが出来た。昨年10月の中国出張の間、時限更新機能を活用してなんとか毎日アップが出来たことが大きい。本日のこの記事が413本目の記事である。

初めての自費出版本「ブラームスの辞書」の宣伝用という立ち上げの主旨は今も変わっていないが、継続すること自体がモチベーションになっていたことも否定できない。こうなると何だか止められない。本の販売実績は、自費出版ということを考えればそこそこである。本の売れゆきにあくせくせずブログを続けてゆくことにする。

自己満足で始めたブログが、何かの縁に導かれて誰かの目に止まり、それぞれのレベルで楽しんでもらえるのならラッキーである。

そうは言ってもブログである。読まれることが前提のしかけであるから、読者の存在は無視できない。自己満足と開き直ってばかりもいられないのが実情である。記事の内容を少しでも濃くしたいと思っている。たまにはブラームスとは全く関係の無い記事も息抜き的に混ざるが、全体の水準を底上げしたい。長く続くことと引き換えに内容が薄くなるのは、厳禁である。毎日毎日その日の更新に四苦八苦では、記事の内容もそれなりにしかなるまい。それでは「ブラームスに申し訳ない」というものだ。

今考えていることが一つある。ネタの掘り起こしを一層充実させることである。ネタをあらかじめ掘り起こしてイメージを膨らませておき、当日は細部に櫛を入れる程度にまで高めないといけない。それには事前のネタの掘り起こしと、検証が欠かせない。事前に想定したネタの中から厳選して一週間単位でネタの配置を考えるのだ。数あるネタ候補の中から厳選のネタのほうが、行きあたりばったりよりは水準が保ち易いと考えている。

というわけで本日現在ネタの積み立ては92本だ。何だか事業のプレゼンテーションみたいになってしまった。

« No music No life | トップページ | ブログタイトル総覧 »

コメント

<ひふみ様
毎度ありがとうございます。

ますます、気合を入れてまいります。

ブログ開設一周年、おめでとうございます。
継続は力なり。
これからも楽しみに読ませていただきます。

<Claris様

いつもご覧頂きありがとうございます。

行けるとこまで行っちまいますから、退屈な記事が
続いたら、ビシビシご指摘ください。

ブログ開設一周年おめでとうございます。
これからの記事がますます楽しみです。

<朔様

いつも暖かく見守っていただきありがとうございます。

これからもがんばります。

一周年、おめでとうございます。
これからも楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログ開設一周年:

« No music No life | トップページ | ブログタイトル総覧 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ