ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« Frei aber Froh | トップページ | もうひとつのFAF »

2006年6月21日 (水)

長短比率

ブラームス作品中の楽曲冒頭の調性を調べてエクセルに入力したことは6月6日の記事で紹介した。本日は長調短調に関するブラームスのお好みの話である。

既に6月6日に説明したルールに基づいて集計したところ、総数599曲に対して長調324曲、短調は275曲である。約54%が長調という結果が出た。前にも述べたようにこれは楽曲冒頭だけの数値だ。曲中においていかに重要な転調が行われていようともそれは、無視されているし、調の決定が困難な場合は通説に従っている。細かな点で修正の余地はあるが、話の大筋としては動かし難い。

さて、ベートーヴェンでも同じ集計をした。結果は総数505曲に対して、長調が397曲、短調が108曲と出た。長調が約79%を占める。どなたか生誕250周年記念でモーツアルトを集計してはくれまいか。直感では恐らくもっと長調の比率が高いと思われる。

ブラームスがもっとも頻度高く起用した長調はヘ長調だ。長調全体の15.4%を占める。短調ではイ短調の18.5%が最高だ。昨日話題にした「FAF」をきっちりと裏付ける結果となった。

本日はベートーヴェンネタに脱線をすることが多い。ベートーヴェンの長調1位は変ホ長調だ。となると短調は当然ハ短調が予想されるが、結果もやはりハ短調だ。ベートーヴェン全短調の28%を占める。ベートーヴェンの短調3曲に1曲はハ短調といっても大袈裟ではない。ブラームスの短調1位が18.5%に過ぎないのだから、3割に迫るハ短調への集中は驚異的である。長短あわせて考察すると♭3つの調号への偏愛が見てとれる。これってベートーヴェン好きの実感とあっていると思う。全505曲のうち実に19.4%が♭3つを背負っている。5曲に1曲は♭3つだ。

ブラームスの好みの調号は何か。ズバリ♭1個だ。長調でヘ長調が1位であり、短調でもニ短調は、2位なので順当だ。調号ランキングは以下「♭3個」と「調号なし」が続く。4位にやっとシャープ系が出る。「♯2個」10.5%だ。ベートーヴェンと共通するのだが、どちらかというとフラット系優勢である。

簡単な統計でもブラームスとベートーヴェンの間の調性起用上の癖の違いは明らかである。ブラームスをベートーヴェンの後継者という論調ばかりでは面白くあるまい。

« Frei aber Froh | トップページ | もうひとつのFAF »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長短比率:

« Frei aber Froh | トップページ | もうひとつのFAF »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ