ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 宝のありか | トップページ | 辞書の形態を借りたエッセイ »

2006年7月30日 (日)

シュトゥッツマン

コントラルト歌手ナタリー・シュトゥッツマンにはまっている。はまっていると言っても、彼女の歌ったブラームスの歌曲のCDが一枚あるだけである。生で演奏を聴いたことがあるわけではない。一昨年「ブラームスの辞書」の執筆をしながら流すBGMとして購入して以来、聴くことが多いCDの一つになっている。

ブログ「ブラームスの辞書」には「お奨めCD」や「お気に入り演奏家」を説明する目的はない。純粋にはまってしまっているだけである。ヴァイオリニストのシモン・ゴールドベルグ、ゲアハルト・ヘッツェル。指揮者サー・ジョン・バルビローリ、ピアニストのヘルムート・ドイチュに次ぐ例外に加えざるを得なくなったというわけだ。

彼女の魅力なんぞを、第三者にわかるように説明する筆力は到底望めないので、彼女のCDを聴いて目から鱗が落ちたことを列挙してそれに代えたい。

  1. コントラルトと単なるアルトの違いを身に沁みて実感した。
  2. ブラームスの歌曲「あの娘のもとへ」作品48-1、「落胆」作品72-4の2曲の素晴らしさの扉をこじ開けてくれた。
  3. 同じく「永遠の愛」作品43-1の歌いだしの低いロ音を聴いて鳥肌が立った。
  4. 「四つの厳粛な歌」は男性に限るという先入観を打ち砕いた。特に第三曲の底光り具合は尋常でない。
  5. スウェーデンの女性ピアニスト、インゲル・ゼーデルグレンを知ることが出来た。

彼女のCDはお店にいってもそうそう目立つわけではない。オペラの棚では絶対に見当たらない。シューマン、シューベルト、フランス歌曲のやや狭い範囲に棲息しているだけなのだ。アルト・ラプソディやアルトのためのヴィオラ伴奏付き歌曲作品91の2曲を彼女の演奏で聴いてみたいものだ。

« 宝のありか | トップページ | 辞書の形態を借りたエッセイ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シュトゥッツマン:

« 宝のありか | トップページ | 辞書の形態を借りたエッセイ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ