ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 涙を呑んだもの | トップページ | 刊行一周年 »

2006年7月10日 (月)

milchjunger Knabe

作品86-1「テレーゼ」という歌曲の冒頭を飾る語句。もちろんドイツ語だ。

「milchjunger」は「milch」と「junger」に分けて考えるといい。「milch」は「ミルク」だ。「junger」は英語で言うと「young」つまり「若い」だ。「Knabe」は「若者」「子供」で特に「男の子」を指す。だからといって「milchjunger Knabe」で断じて「男の赤ん坊」と解してはならない。「乳臭い」「おっぱい臭い」というニュアンスだ。「母離れも出来ない」という意味を濃厚に含む。年下の子供っぽい男の子に不器用に言い寄られた年上のお姉さんの発した言葉なのだ。

実際には「Du milchjunger Knabe」と使われている。年下の男の子に興味を持ちながらも軽くあしらっている、ちょっといけないお姉さんだ。日本語で説明するとかなりの文字数を費やさねばならない微妙なニュアンスを「milchjunger Knabe」一発で表現している。詩人の腕もさることながら、言葉の要請に音楽で応えきったブラームスも素晴らしい。

明日から3日間ココログはシステムメンテナンスに入るので時限式公開機能を設定する。

« 涙を呑んだもの | トップページ | 刊行一周年 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: milchjunger Knabe:

« 涙を呑んだもの | トップページ | 刊行一周年 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ