ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 諦観 | トップページ | スケルツォ »

2006年7月 6日 (木)

時限式仕掛け花火

「ブラームスの辞書」が間もなく刊行から1年を迎えようとしているのに、我が家の子供たちは全く感心を示そうとしない。著者の子息という特権で「53、1、78」のようなメジャーな番号を背負った本をもらっておきながら、無惨にもデスクに積み置かれている。

ヴァイオリンを半ば強制的に習わせ、ブラームスの作品をゴールラインに設定している娘たちでさえ、「どこのおじさん?」みたいなリアクションに終始しているのだから、長男は絶望である。

漢詩に「子を責む」という一遍があった。陶潜の作だったと思う。「阿舒ゆくゆく二八、乱堕もとより類なし」「阿宣ゆくゆく志学、しこうして文術を好まず」「雍と端とは年十三、六と七とを識らず」「通子九齢になんなんとして、ただ梨と栗とを求むるのみ」いう具合に親の期待通りにならない子供たちを嘆く歌だ。最後は漢詩らしく「あくせくしないで酒でもたしなむとするか」で終わっていた。高等学校で習った時にはチンプンカンプンだったが、今は判るような気がする。

気を長く持たねばなるまい。将来3人のうちの誰か一人が、音楽に興味を持ち、ブラームスに歩み寄って、父の著書「ブラームスの辞書」を自ら手にとってくれる日を信じたい。そのときの子供らの唖然とする顔を想像している。父の残した本を世界一のブラームス本だと思ってくれる日を待ちたい。

「ブラームスの辞書」は子供たちの人生に父たる私が仕掛けた「時限式仕掛け花火」である。地雷ほどは危険ではない。時限式と言っても、もちろん着火のタイミングは決まってはいない。興味を持って近づいてくれさえすれば、いつでもキレイに着火して、子供らの人生をささやかに照らすだろう。遅れに遅れてそれが孫であっても本望である。

« 諦観 | トップページ | スケルツォ »

コメント

<空の風様

いやいや、照れる照れる。

時限式仕掛け花火。。。ジ〜ンと来ますね。詩人のよう。
いつか綺麗な花火が上がるといいですね。そうお祈りしたい気分です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時限式仕掛け花火:

« 諦観 | トップページ | スケルツォ »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ