ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 受注第7号 | トップページ | 第二のルート »

2006年7月18日 (火)

Grave

「荘重に」と訳される。一般に「largo」とともに「adagio」より遅い領域をカバーしていると考えられるが、ブラームスにおいては、速い遅いの問題よりニュアンスが問われている感じである。「adagio」では少ない「f」との共存が普通に見られる。「遅さ&ある種の圧力」を想定したい。

作品番号付きの作品においてはパート系での使用は一切無く、トップ系で2回出現するに過ぎない。弦楽五重奏曲第一番の第二楽章に「Grave ed appasionato」として出現するのと、土壇場「四つの厳粛な歌」作品121-3「おお死よ何と苦々しいことか」冒頭で単独使用されているのみだ。ベートーヴェンでは「grave」入りの語句が6回も使用されているのと好対照である。「grave」「largo」等の「adagio」より遅いとされる用語はブラームスにおいては出現頻度が低い。「largo」に至っては無いも同然の使い方になっている。

だから尚更、「四つの厳粛な歌」第三曲での単独使用が目立つ。物理的数学的なテンポだけで言うなら「adagio」としても支障は無いと思われるが、あえて「grave」を起用するところに底知れぬ意図を感じる。個人的にはこの第三曲を「四つの厳粛な歌」の頂点と位置付けることにためらいはない。平たく言うと、この曲が好きなのだ。

演奏時間にして4分前後、独唱とピアノ伴奏だけの作品なのに、何と言う奥行き、深みだろう。フルオーケストラ、それも4管編成とやらに、まだ足りぬと言って混声四部合唱と独唱者を加え、一時間以上かけねば、自らの音楽的意図が表現できないとしたら、何かしらの才能の欠落があるとしか思えない。

この曲をピアノ弾き語りで聞かせながら涙するブラームスを想像してみるがいい。

« 受注第7号 | トップページ | 第二のルート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Grave:

« 受注第7号 | トップページ | 第二のルート »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ