ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« わずかに歩みを速めよ | トップページ | 16分の4拍子 »

2006年8月14日 (月)

水道の水

蛇口をひねれば飲める水が出る。日本はそんな国だ。「湯水の如く」などのたとえが成立していることからも水が豊富な国だとわかる。水は「ありふれたもの」「潤沢なもの」の代表なのだ。「立て板に水」「水に流す」「寝耳に水」「水もしたたる」「水臭い」「水を向ける」などなど「水」にひっかけた表現がとても多い。

一方で水道の水を飲んではいけない国がある。水を汲むために片道3時間歩く国がある。水の奪い合いで始まる戦争がある。だというのに日本は水が豊かである。

その豊かな水のように、「ブラームスネタ」を流し続けたい。蛇口をひねって水が出るのが当たり前であるように、毎日ブラームスの話が湧いて出るのが当たり前のブログになりたい。毎日毎日ブラームスネタが途切れずに続くことを誰からも驚かれず、不思議がられないような域に到達したい。そして出来ればその水がおいしい水であり続けることが願いだ。長く続くことと引き換えに、量が減ったり濁ったりしては元も子もない。

もしかするととても贅沢なことなのかもしれない。

« わずかに歩みを速めよ | トップページ | 16分の4拍子 »

コメント

<空の風様

ブラビアの泉を目指したいところですが、「泉」ほどは清らかでもヘルシーでもないので、「水道」がいいところです。

断水しないようにがんばります。

ブラームス泉。。。ですね!
新鮮な水を提供し続けて下さいね。美味しいお水を毎日飲みたい♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水道の水:

« わずかに歩みを速めよ | トップページ | 16分の4拍子 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ