ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 夏休みの課題 | トップページ | 水道の水 »

2006年8月13日 (日)

わずかに歩みを速めよ

至高のインテルメッツォ作品118-2イ長調の38小節目と106小節目に出現する「crescendo un poco animato」の後段「un poco animato」をこう呼んでいる。両者は提示部と再現部に割れた同一の楽想と思っていい。

何故この場所でわずかなテンポアップをせねばと思いつくのだろう。16小節目や84小節目では、テンポアップを指図しないで38と106の両小節でテンポアップが要るのだろう。へぼな解釈の入る余地など全く無い説得力である。このテンポアップには言いようの無いセンスを感じる。夕闇迫る中、家路を急ぐかのようなニュアンスを感じる。巧みな終末感の演出だと思われる。それも「テンポを上げよ」という類の直接的であからさまな表現にはなっていない。「animato」が「un poco」によって制御されている。最終的な判断は演奏者に委ねられているところがいかにもブラームスらしい。

誰にでも書ける音楽ではあるまい。

« 夏休みの課題 | トップページ | 水道の水 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わずかに歩みを速めよ:

« 夏休みの課題 | トップページ | 水道の水 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ