ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« いけない想像 | トップページ | 付け加えられたもの »

2006年9月 3日 (日)

Gedichte

ドイツ語でそのものズバリの「詩」である。もちろん、これに曲をつけたものがドイツリートであるとは断言できないのもまた事実である。

リルケ、ハイネ、ゲーテ、アイヒェンドルフ、メーリケ、リュッケルトなどキラ星のごとき名人たちがが居並ぶ世界であるが、ブラームスはどちらかというとメジャーな詩人の作品には曲をつけない傾向がある。「本当にいい詩は、それだけで完結していて曲をつける余地が無いから」とブラームスが考えていたかどうかはわからない。そんなことを言うと「ブラームスが曲をつけた詩は、いい詩ではないのか?」という質問が飛んで来かねない。

民謡からの引用や、外国詩の翻訳物、マイナー詩人の作品を選りすぐっている感じもする。少なくともブラームスが曲をつけなかったら後世に名前が残ったかどうか怪しい人もいるようだ。

ブラームスは生涯に204の歌曲を38の作品番号に分けて発表しているが、そのタイトルは多岐にわたる。「Lied」「Gesange」「Romanze」あるいはこれらの組み合わせである。我々日本人にはわからない微妙なニュアンスの違いがあるものと思われる。

作品19は38の作品中唯一「Gedichte」がタイトルに用いられている。作品19の5つのテキストだけが「Gedichte」に相当するとは思えないので、悩ましい。ブラームスのリートという場合、無邪気に作品19を加えてしまっていいのか少し心配である。

« いけない想像 | トップページ | 付け加えられたもの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Gedichte:

« いけない想像 | トップページ | 付け加えられたもの »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ