ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« ノイエバーン | トップページ | Gedichte »

2006年9月 2日 (土)

いけない想像

8月28日に続いて「四つの厳粛な歌」の話題である。

  1. 「四つの」というところが既に引っかかって仕方がない。何故「三つの」や「五つの」ではないのだろう。
  2. それから8月28日の議論、第4曲が「andante」にしては速過ぎる。何か理由があったのではないかということ。
  3. 「四つの厳粛な歌」には隠しテーマとしての「andante」が存在するのではないかということ。
  4. 第1曲にだけ「allegro」が出現すること。
  5. 第3曲だけが上行する分散和音で終わっていること。

たったこれだけのことからいけない想像をしてしまっている。「四つの厳粛な歌」を組曲と見た場合、全体が交響曲の輪郭をなぞってはいまいか?

  1. 交響曲はご存知の通り全部4楽章制だ。
  2. 第四楽章は実質「allegretto」テンポである。
  3. 周囲を「andante」に囲まれながら「Grave」を掲げる第三曲が事実上のテンポの底である。
  4. 第一曲にだけ存在する「allegro」は、ブラームスにあっては「ソナタ第一楽章」の象徴である。
  5. ソナタの緩徐楽章が上行する分散和音で終わるのはブラームス節の一つだ。

第一楽章に「andante」の序奏を持ち、第二楽章に舞曲楽章、第三楽章に緩徐楽章をもつ交響曲の輪郭だ。ニ短調で始まって変ホ長調で終わるというのはブラームスのソナタとしては異例だ。これは逆風に見えるが、マーラーの第五交響曲は嬰ハ短調で始まってニ長調で終わっている。他に舞曲楽章に「andante」は遅すぎるなど矛盾もある。

だからタイトルを「いけない想像」としたのだ。

« ノイエバーン | トップページ | Gedichte »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いけない想像:

« ノイエバーン | トップページ | Gedichte »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ