ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 「a tempo」と「in tempo」の狭間で | トップページ | ルーテル市谷センター »

2006年9月26日 (火)

古き恋

9月21日の記事「曖昧を味わう」の続編である。

「D音」と「B音」が確保される。そこに「F音」が補われれば変ロ長調、「G音」が補われればト短調というような曖昧さを、ブラームスは利用した。ヴィオラの放つ「F音」により変ロ長調が、がっしりと根付いているのがピアノ協奏曲第2番の第3楽章アンダンテであることは、既に述べたとおりだ。

同じように変ロ長調とト短調の境界線上を歩みながら、そこに「F音」ではなく「G音」が補われて、ト短調になる例もブラームス作品には存在する。

本日の記事のタイトル「古き恋」がそれである。原題は「Alte Liebe」といいop72-1という番号を背負っている。まずはピアノが「D音」をオクターヴで鳴らす。半小節後、長3度下に「B音」が加わる。「D音」と「B音」が鳴っているだけのこの段階では、変ロ長調、ト短調どちらの目もある曖昧な状態だ。歌手はここに「D音」のアウフタクトをもって立ち上がる。調性の決定権は歌手にもないのだ。歌手から8分音符一個だけ遅れてピアノの左手に「G音」が出現して、やっとト短調が確定する。この間わずかに6拍で曖昧を楽しむというにはあまりに短い。

それでもト短調の確定に先立つわずか1小節間6拍の曖昧さが、ト短調の効果を増強していると思う。

« 「a tempo」と「in tempo」の狭間で | トップページ | ルーテル市谷センター »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古き恋:

« 「a tempo」と「in tempo」の狭間で | トップページ | ルーテル市谷センター »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ