ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 天晴れな見識 | トップページ | シェーンベルクの辞書 »

2006年9月29日 (金)

フルートソナタ

ブラームスにフルートソナタは無い。ブラームスオリジナルの二重奏ソナタはピアノの相棒に、ヴァイオリン、チェロ、クラリネットが選ばれているだけだ。

だから他の楽器の奏者たちは、どんなにブラームス好きであっても指をくわえて見ている他はない。ヴィオラ奏者だけが、クラリネットソナタのブラームス本人によるヴィオラ版という幸運を享受しているに過ぎない。

「そんなのつまらない」と思うフルーティストが一肌脱いだCDを発見した。「Stolen Moments」と名付けられたそのアルバムには、ブラームスのクラリネットソナタ1番2番とヴァイオリンソナタの2番がフルートとピアノのデュオで収められている。軽い後ろめたさとユーモア、そして何よりも「どうしてもブラームスが吹きたい」という熱意を表すような「Stolen Moments」というタイトルが洒落ている。

フルートを吹いているのはStephanie Juttという女性フルーティスト。発売しているのはカナダのレーベルだ。

実際に聴いてみた。油断しているとスルリと入ってきかねない。音域の関係でところどころでオクターブの上下動がある。2番の第一楽章の78小節や162小節あたりの三連符のスタカートが、フルートのタンギングとマッチしていて、予想外のはまり方だ。1番ではフィナーレが気に入った。これもスタッカート奏法の際の音の粒立ちが気持ちいい。ヴァイオリンソナタ第二番では、オリジナルで重音やピチカートになっている部分の奏法にフルートならではの工夫が聴かれた。第三楽章冒頭の低い音がピタリと決まって心地よい。個人的にフルートの低い音域の音色が好きなせいもある。

ipodにさっそく取り込んで、オリジナルとの聴き比べと洒落込んだ。

« 天晴れな見識 | トップページ | シェーンベルクの辞書 »

コメント

<Claris様

そうなんですよ。間違いなくこのタイトルも鑑賞の対象です。
この演奏者は絶対ブラームスが好きだと思います。

「Stolen Moments」は、ホント洒落たタイトルですね。
フルートになると、少しやわらかな印象?

<空の風様

私も今日の通勤の途中に2度聴いてしまいました。

「管弦楽の出番だけじゃつまんない」という人がいるンですね。

聴きたい・・☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フルートソナタ:

« 天晴れな見識 | トップページ | シェーンベルクの辞書 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ