ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« カムバック | トップページ | ブログ炎上 »

2006年9月16日 (土)

ピアノ四重奏曲変ホ長調

ロベルト・シューマン作曲のピアノ四重奏曲変ホ長調が、ブラームスによってピアノ連弾用に編曲されている。作品番号は付与されていないが、ちゃんとマッコークルにも記載されている。真贋論争の余地のない紛れもない「ブラームス編曲」である。

この程その編曲版を演奏したCDを買い求めた。作品番号無き作品も含むブラームス作品のコンプリートの為には必須の曲だったのだが、長くCDに巡り会えなかった。出すとしたらナクソスしかないという気がしていたが、案の定ナクソスが出してくれた。

この曲第3楽章が好きで度々聴いていたし、ヴィオラパートを練習したこともある。その第3楽章の最後でチェロのC線を緩めて「B音」を出せという仰天の指示があるので有名だ。

ブラームスの創作史の初期1858年の編曲だ。ロベルト・シューマンの死から2年後だ。ブラームス自身の3曲のピアノ四重奏曲は皆1850年代中盤頃、作曲に着手しているから、何らかの影響が予想される。「これならオレにも書ける」とか「オレならもっと上手く書ける」みたいな。

で、聴いてみた。サラッと終わってしまったという印象だ。音が薄い感じ。4手にしなくても良かったみたいな音の薄さだけが気になった。それが原曲のせいなのか編曲のせいなのかはっきりしないが、とにかく薄い。たとえばワルツop39の各曲の音の厚みに比べるとスカスカという感じだ。それでもやはり第3楽章は美しい音楽だ。

編曲の出来には賛否あるのだと思うが、私にとってはそんなことより大切なことがある。誰かが演奏してCDが出たということはつまり、楽譜が出版されているということだ。これを入手してブラダスに取り込みたくなるのが見えている。因果な性格である。

このCD他にも興味深い曲が収録されている。シューベルトのレントラーのブラームス編と、ヨアヒムの管弦楽曲「ハムレット序曲」のピアノ連弾版だ。特にヨアヒムの序曲は初入手なのでお得感もひとしおだ。

« カムバック | トップページ | ブログ炎上 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピアノ四重奏曲変ホ長調:

« カムバック | トップページ | ブログ炎上 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ