ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 作品8初版調査報告 | トップページ | 高性能センサー »

2006年10月20日 (金)

Komm Bald

作品97-5を背負った歌曲で「早く来て」と訳される。

作詞者はブラームスの友人のスイスの詩人クラウス・グロ-トだ。1885年5月7日つまりブラームス52歳の誕生日にこの詩を贈ったところ、ブラームスがその場で作曲したと、贈り手のグロートが証言している。

だとすると10月16日の記事「焼却漏れ」でも話題にした作曲の途中経過はどうなっていたのだろう。よく寄席の会場で、客席からお題を募って、その場で小話を作ってしまう名人芸に似ている。

ブラームスは贈られた詩をその場で読んで意味内容意図を理解したばかりか、韻律をも呑み込んで瞬時に曲をつけて見せたことになる。誕生日に詩を贈られたことに対する、最高の返礼なのだろう。

実際に曲を聴く。ブラームス特有の「インテルメッツォ系遅めの3拍子」だ。中音域でたゆとう旋律の微妙な進行が悩ましくも美しい。この規模の曲で、苦心惨憺推敲三昧ではかえって良い作品にはならないのだとも思えてくる。ブラームスは別の知人に「よかれと思って出来上がった曲をいじると大抵は元よりダメになる」とも語っていた。

もちろん現在流布している「Komm Bald」の楽譜が、この時グロートに示されたものと全く同一である保証はないが、興味深い話である。

« 作品8初版調査報告 | トップページ | 高性能センサー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Komm Bald:

« 作品8初版調査報告 | トップページ | 高性能センサー »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ