ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 幕末の人物 | トップページ | 譜めくり »

2006年10月 3日 (火)

脳内編集委員会

ブログ「ブラームスの辞書」を運営するためにあれこれと考えている。あたかも脳味噌の中に編集委員会が存在するかのようだ。

元はといえば著書「ブラームスの辞書」の販売促進・マーケティングの一環だったブログだが、継続しているうちに目的が変質してきてしまった。販売の手段だったはずのブログがいつの間にか一人歩きを始めてしまい、著書「ブラームスの辞書」を片隅に追いやってしまった感じである。「軒を貸して母屋を取られる」という図式だ。

次々と思いつくブラームスネタをまずは書き留める。記事の下書きをする。記事の内容に相応しい発信タイミングを考える。一般的な記事はこのように整理される。やがてそれらは学術系とイベント系に分類されて発信される。前者はカテゴリー「用語解説」にまとめられている。イベント系とは「三色対抗歌合戦」に代表されるような遊びの要素が濃い記事のことだ。

それら一般ブラームスネタに、日々過ぎてゆく中からブラームスに関連する時事ネタも吸い上げたタイムリーな記事を混ぜ込んでゆく。

そして昨今忘れてはならないのは、家族ネタだ。これが意外と読まれている。残念ながらオタクなブラームスネタよりも読者のリアクションが濃くて早い。

読者のリアクションは、最近機能向上が著しいアクセス解析の貢献もあって従来より格段に精度が高まった。読者の反応を加味しながら、血も涙もある記事配置をあれこれ考えることこそがブログの楽しみになっている。

« 幕末の人物 | トップページ | 譜めくり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脳内編集委員会:

« 幕末の人物 | トップページ | 譜めくり »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ