ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 虫干し | トップページ | ブログ開設500日 »

2006年10月10日 (火)

「ポルタート」意訳委員会

「portato」と綴られる。レガートとスタカートの中間。事実上のメゾスタカートだろう。スラーで結合された2つ以上の音符を明らかに区切って奏することとされている。言葉で説明されるとわかったような気にもさせられるのだが、実演奏上の解釈においては意見の相違の元にもなりかねない。

ブラームスはこの表現を好んでいたことがいくつかの証言から明らかであるが、実は楽譜上に「portato」と文字で記されているケースは一度もない。一度も無いがゆえに「ブラームスの辞書」では見出し語になっていない。

演奏を担当する楽器によって奏法も解釈も違う。弦楽器の奏法としてはメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲第一楽章の第二主題の冒頭の弾き方がよく例として用いられるようだが、そういわれてもピアニストや管楽器奏者あるいは声楽家には参考程度にしかなるまい。

ブログ「ブラームスの辞書」名物意訳委員会としては、目から鱗の新解釈を提案したいところだが、これがなかなかの難題だ「音は切っても気持ちは切るな」とでもしてお茶を濁す次第である。

さらにポルタートについて最近心配なことを付け加えておきたい。「portato」がひょっとすると「portamento」と混同されていないか心配している。

  1. ブラームス本人が既に混同している。
  2. ブラームスの言葉を後世に伝えた証人が混同している。
  3. ブラームスの関連本の著者が混同している。
  4. ブラームス関連本の翻訳の過程で混同が起きている。

上記のいずれかまたは複数が、一部混入している可能性を提起したい。

思えば昨年の今頃は、上海にいた。

« 虫干し | トップページ | ブログ開設500日 »

コメント

<空の風様

そうでしたか。

ブラームスは文字では「portato」と記したことはないと思うのですが、どこかで見かけましたら教えてくださいませ。

ポルタート奏法。。
真珠のよう艶と潤いに満ちた響き。。。私の大好きな奏法です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ポルタート」意訳委員会:

« 虫干し | トップページ | ブログ開設500日 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ