ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« シェーンベルクの辞書 | トップページ | 幕末の人物 »

2006年10月 1日 (日)

ゲーム中毒

受験レースも第四コーナーにさしかかろうかというのに、我が家の騎手は依然として手綱が緩んだままである。そもそもゲームが止まらない感じである。

しかし、これには親の私もうるさく言えない事情がある。私自身がいい歳こいてゲーム大好きだったからである。むしろ子供といっしょに楽しみたいクチだった。シュミレーションゲームが好きである。戦国系、三国志系、ドライヴィング系、競馬系、鉄道系、サッカー系それぞれのメガヒットゲームには大抵はまった前歴がある。某ゴルフ系ゲームに至っては神の認定を受けている。

しかしそうした私のゲーム中毒は、一昨年の夏にピッタリと止まった。一昨年の夏といえば我が家にパソコンが来て、「ブラームスの辞書」執筆のためのデータベース作成が始まった頃である。ブラダス入力が忙しくてゲームどころではなくなったというのが真相である。そのまま「ブラームスの辞書」が完成してもゲームの習慣が元に戻らなかったというわけである。「ブラームスの辞書」がゲーム中毒の特効薬だというわけである。刊行後もリバウンドが来なかったのは、ブログ「ブラームスの辞書」のお陰である。

先月福岡の太宰府天満宮にお参りして絵馬を奉納して来たが、まだ不安である。不肖の息子が天神様の本店のご威光に泥を塗りはしないか心配である。かくなる上は奥の手「ブラームスのご加護」が必要かもしれない。

« シェーンベルクの辞書 | トップページ | 幕末の人物 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲーム中毒:

« シェーンベルクの辞書 | トップページ | 幕末の人物 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ