ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 焼却漏れ | トップページ | 音楽は楽しいか »

2006年10月17日 (火)

フィナーレ

「Finale」と綴られ「終曲」と訳される。オペラのエンディングだったり、変奏曲の終曲、多楽章ソナタ形式の曲の最終楽章を指す場合もある。

ブラームスは室内楽24曲、交響曲4曲、協奏曲4曲、ピアノソナタ3曲、変奏曲6曲において合計41回フィナーレを書いているが奇妙なことがある。それは終曲(終楽章)冒頭の楽譜上に「Finale」と記すか記さないか対応が割れているのだ。以下にマッコークルの譜例で「Finale」と明記されている例を列挙する。

  1. ピアノソナタ第1番op1
  2. ピアノソナタ第2番op2
  3. ピアノソナタ第3番op5
  4. ピアノ三重奏曲第1番op8初版
  5. ピアノ四重奏曲第2番op26
  6. ピアノ五重奏曲op34
  7. ホルン三重奏曲op40
  8. 弦楽四重奏曲第2番op51-2
  9. ハイドンの主題による変奏曲op56
  10. ピアノ四重奏曲第3番op60
  11. 交響曲第1番op68(カッコ付き)
  12. ピアノ三重奏曲第2番op87
  13. 弦楽五重奏曲第1番op88(カッコ付き)

上記11番と13番はマッコークルにはカッコ付きで「Finale」と記載があるのにスコアには記載が無いという悩ましいケースである。

すぐに気がつくことは、「Finale」の明記は初期から中期にかけてに集中していることだ。象徴的なのはピアノ三重奏曲第1番だ。1854年の初版では明記されているのに1890年の改訂で削除されている。昨年7月7日と8日の記事「スケルツォ」「舞曲楽章の流れ」でも言及したように、創作の初期ほど厚く、後期に行くほど書かれなくなる傾向は「Scherzo」でも認められた。「Scherzo」と明記される最後の作品はピアノ三重奏曲第2番op87だ。これは「Finale」と明記された最後の作品でもあり、不気味な一致である。

初期中期に集中するとは言っても、ピアノ三重奏曲第1番作品8で明記された後、ピアノ四重奏曲第2番作品26で再び記載されるまでの5曲は「Finale」記載の空白が5曲続くのも不思議である。

他にも謎が多い。作品51を共有する弦楽四重奏曲の1番2番は、2番にのみ「Finale」と明記されている。弦楽六重奏曲やピアノ四重奏曲にも見られるように、対になって作曲された作品が「Finale」の記載不記載で対応が割れているケースが多い。

変奏曲ではハイドンの主題による変奏曲にのみ記載がある。第一交響曲へのカッコ書きを例外として管弦楽曲には「Finale記載型」は存在しない。また長調短調による相関関係は認められない。いわゆる三楽章制のソナタでは第3楽章に「Finale」と明記されない。

41回もフィナーレを書いておきながら「Finale」と明記されたのが13回だけにとどまり、しかも初期から中期に集中している。明記しないとフィナーレと判ってもらえない心配があったのだろうか?あるいは演奏に入る前に「これで最後だ」と演奏者に自覚を促す必要性を感じていたのだろうか?なんだか謎が多い。

« 焼却漏れ | トップページ | 音楽は楽しいか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィナーレ:

« 焼却漏れ | トップページ | 音楽は楽しいか »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ