ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 無伴奏ヴィオラ組曲 | トップページ | 素朴な疑問 »

2006年11月 9日 (木)

お取り寄せの楽譜

ピアノ三重奏曲イ長調の楽譜が届いた。船便なので納品までに2~3ヶ月といわれていた通り2ヶ月かかった。送料込みで4875円だ。高いのか安いのかよくわからない。お取り寄せで購入したというだけで何だか有り難味が違うような気になっている。

今日届いた楽譜はブライトコップフだ。表紙には作曲者名がデカデカと印刷されている。「Johannes Brahms」の後ろに「(?)」が付加されていてこの作品が、完全に真作のお墨付きを与えられてはいないことを匂わせている。「opus」でもなく「WoO」でもない「op.post」の文字が躍っていることも特徴的である。

ブラームスの他の室内楽作品、とりわけ新旧のピアノ三重奏曲第1番との比較を通じて何か面白いことがないか探してみたい。

さっそくヒマを見てブラダスに取り込むことにする。

結果はまた後ほどブログ上で論じることにしたい。今晩はまず作品を聴いてみる。

« 無伴奏ヴィオラ組曲 | トップページ | 素朴な疑問 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お取り寄せの楽譜:

« 無伴奏ヴィオラ組曲 | トップページ | 素朴な疑問 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ