ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« いぶし銀 | トップページ | FAEソナタ調査報告 »

2006年12月16日 (土)

初めてのコンサート

今は亡き父に連れられて中学2年の私は、初めてクラシック音楽のコンサートに出かけた。1973年12月16日だったと記憶している。場所は千葉県文化会館大ホールだったと思う。オケも指揮者も忘れてしまったが、曲目だけはちゃんと覚えている。ベートーヴェンの交響曲第9番ニ短調である。

日付を覚えているのには訳がある。この日12月16日はベートーヴェンの誕生日だからだ。

私が少し変わっているのは、一番好きな楽章は「歓喜の歌」を含む第4楽章ではなくて、第1楽章だったということだ。当時も今も第9交響曲の中では第1楽章が好きだ。それでも初めて聴くコンサートには感動した。演奏会後父に「こんな曲にめぐり合えて幸せだ」と語ったという。やがて私が大学生になりブラームスへの傾倒が決定的になると、父はよく「中学生の頃はあんなにベートーヴェン好きだったのに」と言って笑いながら、あの日の初コンサートの時のことを話してくれた。

今日12月16日は、一年のうち一回だけ「昔はベートーヴェンが好きだったこと」をチラリと思い出す日だ。父の思い出とともにである。

« いぶし銀 | トップページ | FAEソナタ調査報告 »

コメント

<空の風様

おおお!!悲愴違いですとな!!!
強烈な思い出ですねぇ。

私の父は第3楽章で居眠りしてました。

素敵な思い出ですね。
実はベートーヴェンには、私も父との思い出があります。
小学3年生の頃、ベートーヴェンソナタの悲愴が聴きたくてコンサートへ出かけました。ところが、いつまでたってもピアノの演奏になりません。。。オケばかり。。。「お父さん悲愴はいつになったら始まるの?」の問いに「この曲が悲愴だよ」。っと!!
父はチャイコフスキーの悲愴のチケットをとっていたのです。あ〜なんとも。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのコンサート:

« いぶし銀 | トップページ | FAEソナタ調査報告 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ