ブラームス神社

  • 道中安全祈願

おみくじ

  • テンプレート改訂しました

独逸日記

  • ドイツ鉄道博物館のおみやげ
    2012年3月28日から4月4日まで、次女の高校オケのドイツ公演を長男と追いかけた珍道中の記録。厳選写真で振り返る。

ビアライゼ

  • Schlenkerla
    自分で買い求めて賞味したビールの写真。ドイツとオーストリアの製品だけを厳選して掲載する。

カテゴリー

« 音楽学部ブラームス科 | トップページ | モーツアルトへの挑戦 »

2006年12月 4日 (月)

第4交響曲オルガン版

あまりのことに目を疑った。第4交響曲をオルガン独奏に編曲した版があるらしい。このほどそのCDを入手した。ほとんど怖いもの見たさの感覚である。

演奏と編曲はErnst-Erich Stenderという1944年生まれのドイツ人らしい。ドイツはリューベックの聖マリア教会での収録だ。リューベックは第一交響曲ゆかりの地でもある。

オルガンというのは音域によって様々な音色になる。ホルンのようだったりグラスハーモニカのようだったらい、リコーダーのようだったり。それが頻繁に交代しては第4交響曲を縁取って行く。そりゃあ違和感はある。慣れで解決するとも思えないと感じ始める頃に第4楽章に突入した。周知の通り第4楽章はパッサカリアだ。主題はバッハとの関連が取り沙汰されている。だからという訳でもないのだろうが、不覚にもスルリと入ってきてしまった。どっしりとしたオルガンの質感が妙な説得力をもって迫って来る。

同じ奏者によるベートーヴェンの第九交響曲のほか、ブルックナーの第7交響曲もオルガン版が発売されているらしい。

« 音楽学部ブラームス科 | トップページ | モーツアルトへの挑戦 »

コメント

<moco様

一つ一つはとるに足らぬ駄文ですが、ためてしまうと読むのに、それ相応の時間がかかってしまいますが、懲りずにお立ち寄りください。

新鮮なネタ仕入れてお待ちしています。

こんばんは。。空の風です。(笑)
しばらくご無沙汰していたので、読みごたえがあります。
最近オルガンを聴いているので是非聴いてみたいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第4交響曲オルガン版:

« 音楽学部ブラームス科 | トップページ | モーツアルトへの挑戦 »

フォト

ブラームスの辞書写真集

  • Img_0012
    はじめての自費出版作品「ブラームスの辞書」の姿を公開します。 カバーも表紙もブラウン基調にしました。 A5判、上製本、400ページの厚みをご覧ください。
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ